対人恐怖症と雑談への苦手意識

雑談が難しい、雑談ができない、ということで人間関係の悩みを抱えている人が
おられます。
実は、対人恐怖症の人の中には、雑談が苦手だと感じている人は多いのです。
雑談が苦手だなーと感じる程度ではなく、人と会うと何を話していいのかわから
ないというストレスから、人と会うことが億劫になる、避けようとする、会った
後から自分が話した内容が気になって仕方がない、というようなことを思うレベル
まで来ると対人恐怖症であると言えます。

私自身は、さまざまな会話の中でも雑談は難しいと思っています。
相手のとの間に共通の趣味や仕事のように随時共有している情報があれば、
それについて話を勧めることができますが、シチュエーションによっては何を話して
いいかわからないと感じることがあります。

ずいぶん前のことですが、友人の結婚式の二次会に参加した時、共通の友人が参加
できなくなり1人で参加したための全く知らない人たちと同じテーブルに座ること
になりました。
そんな時は、同じテーブルに座っている方たちのことを知らないために、どんな会話
をしていいのか困りました。
結局、多少は何か話したと思いますが、すごく盛り上がって話をしたという記憶は
ありません。
対人恐怖症というレベルではありませんが、知らない人が多い環境に出向くのは
気が進む方ではありません。

 

雑談が苦手な人は内向的

私は、社交的に振舞うことが大切だと思っていますが、基本的には内向的な性格
なので、雑談を難しいと感じやすいと思います。

起業してからは、経営者の交流会などでは、意識的にはじめてあった人とも話す
ようにしているので、会社員の頃よりは雑談力も身に着いたかなと思いますが、
雑談は難しいという意識は今も持っています。
しかし、私の経営者の友人には、知らない人ばかりの中でもどんどん話しかけて
人脈を増やして行く人がいて、心からすごいなと感じることがあります。

ただ、雑談が苦手な人が、雑談が苦にならない人の真似をすることはおすすめ
しません。
一時的に真似をすることはできるかもしれませんが、それを続けていると心が
疲れてしまうからです。

 

雑談が難しい理由

雑談が難しい理由はいろいろあるのですが、私が雑談が苦手だと言っている人達
から感じるのは、
『どんな話をすればいいのか』、
『話をして相手に警戒されたり、引かれたらどうしよう』

と思いが強い傾向があるということです。

つまり、相手に対して何か話さなければ、つまらない話をしてはいけないという
プレッシャーを自分にかけている傾向があります。
そのため、何を話してもいい状況ほど負担を感じるのです。

雑談が難しいと感じている人は、自分に上記ような傾向がないか振り返ってみて
下さい。
もし、話をすることにプレッシャーを感じているようであれば、下記に書いて
いることを読んでみて下さい。

雑談のコツは話を聴くということ

私は、もともと人の話を聴くこと自体はできる方だったので、相手がたくさん
話してくれると会話が楽だと感じる方でした。
そのため、雑談は難しいとは感じていましたが、雑談をすることが怖いと感じる
ことはありませんでした。

しかし、雑談が苦手な人の中には、雑談をすることが怖いと思っている人がいて、
その人達は自分の発言をどう思われるのかという不安を抱えています。
それと同時に、話を聴くという意識は低いように思います。
相手と話している時に、相手が自分をどう思っているのかということに意識が
向き過ぎて、相手に対する無条件の肯定的関心が持てないからです。

相手が自分のことをどう思っているのかという思は、良く思って欲しい、悪く
思わないで欲しいという条件付きの関心です。
会話の中で、相手の話を聴く割合を多くすることを意識して、場合によっては自分が
ほぼ聴き役に回ることができるのなら、話をするプレッシャーは小さくなります。
相手に対して、あなた自身に関心があり、あなたのことを知りたいという無条件の
肯定的関心が持てるようになれば、話を聴くことが楽になるので聴き役に回る形で
雑談が成立するのです。

コミュニケーションが苦手な人は、どうしても自分の話を上手くしようとする傾向、
相手にどう思わるかを気にしている傾向が強いのですが、まずは相手に適切な関心を
向けて話を聴くということができるようになるとコミュニケーションは円滑になります。

雑談が苦手で、怖いと感じる方は、まずは話を聴くということを意識して、話を聴く
ことを上手くなろうとして頂ければいいのではないかと思います。

 

カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ