性犯罪を止めるための思考回路の正し方

最近、性犯罪に関するニュースの件数が増えているような気がして
います。認識を持っていた方がいいでしょう。

仕事柄、性犯罪者の更生をサポートするカウンセリングを行って
いるため、たくさんのニュースの中で目に留まるのかもしれませんが、
盗撮、痴漢、強制わいせつなどの犯罪行為によって逮捕された人の
ニュースが増えているように感じます。

性犯罪を繰り返す思考回路

性犯罪は、一度逮捕された人が再度同じ行為を繰り返すようになって
しまうケースも多いため、世の中からなかなか減らないのですが、
再犯を繰り返す理由の一つに自分を正当化する思考回路というものが
あります。

『女性は気づかないだろう』
『女性は嫌がっていないはずだ』
『逮捕されたのはたまたまだから、気を付ければ大丈夫』
『逮捕される可能性の方が少ないはずだ』

など、自分が性犯罪を行うために上記のように考えている人が多い
のです。
カウンセリングで話を聴いていても、クライエントから自己を正当化
する発言を聴くことは少なくありません。

認知の歪みを正す

自分を正当化する思考は、認知の歪みです。

認知とは、自分の見たもの、体験した現実を認識した時に行う判断や
解釈のことです。

性犯罪者は、女性に対しても、犯罪行為に対して、さらに自分自身や
社会に対しても歪んだ認知を持っていることが多いと言えます。
認知が歪んでいるとストレスを溜めやすい、してはいけないことを
するために自分を正当化しやすいということにもつながるため性犯罪
を起こしてしまうのです。

性犯罪者にカウンセリングが必要な理由の一つは、認知の歪みを正す
必要があるからです。
一時的に性犯罪をしていなくても、また繰り返すようになってしまう
のは、認知の歪みが改善されていないからです。
カウンセリングをしていても、認知の歪みがなかなか変わらない人は
再犯の危険性を感じてしまいます。

性犯罪を止めるためにカウンセリングに通う人は、認知の歪みを正す
ということを意識して取り組んで頂きたいと思います。

正しい認知を維持する

性犯罪を止めるためにカウンセリングを継続して、認知の歪みが
正されて来たタイミングで自己判断でカウンセリングを止めて
しまう人がおられます。

せっかく認知の歪みが正されても、それを維持することができな
ければ再犯の可能性は高くなります。
カウンセリングを中断してから数か月後、数年後に再犯をして
しまうのはそのためです。

認知の歪みが正されると、生き辛さが和らいだり、人間関係が
上手く構築できるようになる、仕事で成果が出るようになると
いう変化が起きることが多いですが、その時点で本人も家族も
安心してカウンセリングを中断してしまうのはリスクがあるの
です。

性犯罪を止めるためには、一時的な認知の変化だけでなく、
変化を維持して定着させていくことが必要です。
カウンセリングでは、性犯罪者を止めるために認知を正すこと
から、正しい認知を維持するための援助を行っているので、
性犯罪を止めるためにしっかりと取り組んで頂きたいと思い
ます。

 

カウンセリングとは何か    ・カウンセリングの経過    ・カウンセリングのルール
悩みを解決する3つの効果   ・カウンセリングの副作用   ・病院とは何が違うのか
カウンセリングの卒業     ・良いカウンセラーとは    ・無料カウンセリングは危険
アプローチ方法の違い     ・安全性と専門性       ・カウンセリングへの依存
カウンセリングが辛い     ・大阪のカウンセリング事情  ・カウンセリングの社会的評価

カウンセリングは大阪のAXIAへ    カウンセリングの方法、料金

カウンセリングの予約|大阪のAXIA