なぜストレスが溜まると依存行動を起こしやすいのか

『自分は依存症かもしれない』、『自分の家族は依存症のような気がする』と気になっている方は、ストレスと依存症の関係について書いているこの記事を読んでみて下さい。

ストレスが高いと誘惑に負けてしまう

依存症の背景には、ストレスの蓄積があります。

ギャンブル依存で借金をした人、アルコール依存や薬物依存で入院しなければならなくなった人、万引きや性犯罪で逮捕された人などに対して、ストレスの性にしてはいけない、気持ちが弱いからだという人がいますが、ストレスが蓄積すると脳は命を守るための防衛をしようとします。

その防衛の方法は人によって個人差があるのですが、依存行動を選択することもあるのです。
ストレスレベルが上がってくると人間は誘惑に対して抵抗力が弱くなります。
そのため、パチンコや競馬、アルコールや薬物、異性、その他手に入れたい、やってみたいという気持ちに対して抑制が効かなくなってしまうのです。

ストレスに負けやすい人の生活習慣

ストレスが高いと誘惑に負けやすいのですが、依存症の人の話を聴いていると生活習慣がだらしない、もしくはストレス要因が多いという共通点があります。

例えば、夜はスマホやパソコンを触っていて睡眠時間が短い、運動不足、休日は寝てばかりと生活習慣に改善の余地が多かったり、仕事を抱えすぎている、嫌な同僚や上司に対して我慢ばかりしている、マイナス思考で自分を責める傾向が強いなど、精神的に負荷のかかりやすい状態です。

生活がだらしないということは、何か目的をもって思考する習慣、決断をする機会がないため、欲求をコントロールする前頭葉が鍛えられません。
そして、そのような傾向を持っている人は、ストレスを高める刺激に対して無防備で、対処をしないためストレスレベルが高くなります。

依存症から抜け出すために必要なこと

ストレスレベルが高くなる依存行動を選択しやすくなりますが、生活習慣がだらしない人はもともと自分をコントロールすることが苦手な傾向があり、何かに依存したこととそれを抑止する意思が弱いことが重なって依存症になっていくのです。

ストレスがきっかけで依存症になっている人は、ストレスレベルを下げ、ストレスをコントロールする手段を身に付けることが必要になります。
また生活習慣に関しては、どのように改善すればいいかを知り、少しずつ改善していくことが必要です。

自分の意思だけで必要なことに取り組むことができればいいのですが、依存症の人の中には改善しようとしても失敗を繰り返しているという人もおられるので、カウンセラーに相談して頂くことをお勧めします。
依存症という状態は、自分の意思の力だけで改善することは難しいので、早い段階で適切な方法で改善を目指すことが大切です。

さまざまな依存症とカウンセリング

弊社では下記のような依存症の改善を目的としたカウンセリングを行っています。
カウンセリングを通じてストレスのコントロール、生活習慣の改善をして、依存症を抑止することが目的です。

下記には、どのような依存症の相談を受けているのかを記載しています。
依存している対象は違っても依存症には共通点も多いと言えます。
そのため、カウンセリングでは依存症自体の抑止に関する話を進めながら、その依存症特有の問題点にもアプローチをして改善を目指していきます。


上記の中で、自分自身もしくはご家族がどれかに該当するのではないかと感じているのなら、早い段階でカウンセリングを受けて下さい。
依存症は、継続すればするほど改善に掛かる時間と意志の力も必要となるので、少しでも早く相談して頂ければと思います。



カウンセリングを予約する
カウンセリングは大阪のAXIAへ