カウンセラーには、男性カウンセラーで活躍している人が少ないという
竹内先生のブログ記事を読みました。
今日は、その内容に関連する記事を書いています。

 

私は、カウンセリングの臨床で家族を養っている男性カウンセラーですが、
臨床だけで生計を立てていけない男性カウンセラーが多いというのは事実
です。

現実に、ホームページを持っていてカウンセリングルームを運営している
ように見えても、平日は別の仕事をしている男性カウンセラーは何人も
います。

 

 

カウンセリングルームの経営に必要な能力

カウンセリングルームを経営して、十分な収入を得ようと思ったら、
カウンセリングができるだけでは足りません。

カウンセリングを受けに来てくれる方がいてこそ、カウンセラーは
カウンセリングを行うことができるので、マーケティング能力が必要
となります。

私は何人かの男性カウンセラーとお会いしたことがあり、一緒に仕事
をした男性カウンセラーもいますが、マーケティングがほとんどできて
いません。
そのため、誰も相談に来てくれない、月に2件くらいしか予約が入ら
ないということになってしまいます。

 

これまでコンサルティングをさせていただいたカウンセラーもいますが、
そのカウンセラーは、マーケティングがしっかりできたことによって
経営が軌道に乗りました。
このケースは、カウンセラーにカウンセリングの実力があったからです。

反対にマーケティングができても、クライエントが継続して来てくれない
というカウンセラーもいしたが、その方に場合はカウンセリングの実力不足
だったと言えます。

カウンセラーがカウンセリングルームを経営していくには、カウンセリング
とマーケティングの能力が必要で、そのための努力を継続する必要があり
ます。

 

 

男性カウンセラー募集中

男性がプロカウンセラーとして生計を立てている人が少ないのが現実ですが、
弊社では男性カウンセラーを募集しています。

弊社は、マーケティングの仕組みはしっかりとしていて、現在でも毎月30件
以上の新規の予約が入っています。

 

弊社の契約カウンセラーとして働く場合も、マーケティングに関する活動は
必要となりますが、一定の仕組みが出来上がっていて、ノウハウもあるので
自分の力だけでやるよりはかなり楽です。

自分で開業したなら、軌道に乗るまではカウンセリングとマーケティングに
5:5で努力する時間を割かなければなりません。
しかし、弊社で働く場合なら、その努力の配分は8:2くらいになります。
それだけカウンセリングの上達に力を注ぐことができるということです。

 

『AXIAと契約すれば、楽をしてカウンセラーができるんだ』という
勘違いをされては困りますが、自分で経営するよりはカウンセリング以外に
割く時間は軽減され、リスクも小さくなります。

もし、プロカウンセラーとして働きたいという方がおられたら、下記の
リンク先のページを見て下さい。
大学院生で将来はカウンセリングを仕事にしたいという方のご連絡も
歓迎します。

男性カウンセラー募集中です

 

 

================================
現在、参加申し込みの受付中の講座です。

キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 大阪

================================

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  

 

 


AXIA所属カウンセラーのブログ

衣川竜也のブログ
蔵野まどかのブログ
阪田典子のブログ

カウンセリングオフィスAXIAオフィシャルサイト