大阪でカウンセリングをご希望の方へ

うつ病とうつ状態

『うつ』とは何か

  実は、うつ病は精神科医でも診断が非常に難しい病気です。
  それは、うつ症状やうつ気分というものは、うつ病でなくても表れることがあるからです。
  気分の落ち込みが激しかったり、睡眠不足や食欲の低下を訴える人があっても、それだけで
  うつ病だと簡単に診断できないのです。

  どんな理由でうつになったのか、どれくらいうつ症状やうつ気分が続いているのか、
  うつ症状やうつ気分をはじめて感じてからどのような経過を辿っているのかなどを確認する
  ことや治療を受けた経験のある人だと、どのような治療を受けてどのような変化を感じられ
  たのか、それとも感じられなかったのかなどをよく確認してやっとうつ病かどうかがわかる
  ほど診断が難しいのです。

  うつ病、うつ状態、うつ症状、うつ気分、はどれも『うつ』とつきますが、それぞれ異なる
  ものです。
  そして、うつ病かそうでないかで改善のための方法も違います。
  まず自分のうつの正体を知ることがうつの改善につながるのです。

うつと精神科医と薬

  うつ症状やうつ気分を感じた方の多くは、まずは精神科を受診されています。
  れっきとしたうつ病であれば、薬物療法は有効ですので精神科に通い続けることで改善する
  可能性が高くなります。

  ただ、薬が有効だと言っても、症状に合わせて適切な種類と量の薬を飲む必要があるので、
  その点は精神科医の力量に掛かっています。

  基本的には、うつについてよく心得ていて、誠実な対応をする精神科の先生は最初から
  たくさん薬を出すようなことはせず、じっくりと効く薬を探していこうとします。
  それはうつ病は診断が難しいということ、薬には副作用があるということから、患者さんの
  心身に余計な負担を掛けないように配慮しなければならないからです。

  精神科を受診する場合は、良く症状、症状の発症時期、発症後の経過を詳しく話して、薬を
  飲んでいる場合は薬手帖を見てもらう様にして下さい。
  その上で、薬を出す場合は薬のついてしっかり説明して下さったり、薬以外の改善方法が
  必要な場合はそれを提案してくれるお医者さんであれば信頼できると思います。。


うつのカウンセリング

  うつに対するカウンセリングは、内因性のうつ心因性のうつかで、対応も必要性も違って
  きます。

  ・内因性のうつのカウンセリング
   内因性のうつは、まず症状にあった薬を適した量を飲むことが大切なので、まず通院が
   必要となります。
   また、脳機能の回復のため、十分な休養も大切です。
   そして、長い目で見た時、正しい生活習慣、栄養の摂取が重要になります。
   カウンセリングでは、ストレスの緩和以上に、上記のアドバイスに重点を置いて行います。


  ・心因性のうつのカウンセリング
   心因性のうつは、その原因がストレスにあるので、薬物療法だけでよくなるということ
   はありません。
   症状の緩和に薬物は有効ですが、根本的な原因であるストレスの緩和、除去が必要に
   なります。

   そのため、カウンセリングでは、ストレスを和らげる事を目的にお話をよくお聴きします。
   また、ストレスの緩和と除去のためのアドバイスが必要な時には、適したタイミングを
   見極めて具体的なアドバイスを行います。


   うつの改善には、早い段階で専門家を訪れる事、そして原因に合った対応を受けること
   が重要なので、内因性と心因性のうつの違い、必要な対応を理解した専門家のとこを
   早い段階で訪れることが大切です。

   うつ度合いチェックテスト


  ・カウンセリングをご希望の方
  ・心の病一覧へ


   うつについてさらに詳しく知りたい方へ



このページの先頭へ