大阪でカウンセリングをご希望の方へ

拒食症、過食症でお悩みの方へ

ダイエットがきっかけに始まる摂食障害

  拒食症も過食症も、ダイエットはただのきっかけにしかすぎません。
  ダイエットによって、拒食症や過食症になる準備ができていた心が刺激され、摂食障害に
  なっていくのです。
  カウンセリングでは、きっかけと原因を分けて話を聴きながら、改善を目指していきます。
  ご本人の意思によっては、ご家族の協力をお願いしながら、ご本人とご家族とカウンセラー
  が一緒に改善を目指していきます。


摂食障害とは

  摂食障害は、過食症、拒食症が主な症状で、ダイエット、ストレス、成長する事への不安、
  愛情不足が原因で過食や拒食に陥ってしまう障害です。
  この障害は女性に多く、過食や拒食が続くと必要な栄養が摂取できず、身体的にも深刻な
  状態を招いてしまいます。


摂食障害の種類

  ・過食症(神経性大食症)
   激しい飲食を行い、それに対する代償行為(自ら嘔吐する、薬物で排泄を促す、絶食する)
   を行う。
   代償行為を行わない場合は、むちゃ食い障害という。
   過食症の人は、自己嫌悪から自殺を図る人もいるので周囲の人は注意が必要。
   過食症も依存症的な側面が強い心の病で、過食をしている本人の身近にはそれをさせて
   いる人がいることもある。
    


  ・拒食症(神経性無食欲症)
   「太っている」とか「もっとやせたい」という思いが強すぎて食事をとらなくなる状態
    です。
    無理なダイエットから拒食症になる人も多く、拒食症の人は他人が痩せていると言って
    くれても、自分はまだ太っていると言い張り食べることを拒みます。
    また、拒食症から過食症へ症状が移り、拒食と過食を繰り返す場合もあります。


摂食障害のカウンセリング

  摂食障害は、何らかの葛藤を抱えているが、それに向き合う事ができずに、その葛藤を食べ
  ない事や食べることに依存することで解消している状態です。
  過食も拒食も、健康状態を大きく損なう危険な行為なので、できる限り早く改善することが
  必要です。

  過食も拒食も、「痩せたい」、「キレイになりたい」という願望とダイエットという行為が、
  症状の原因ではなく、きっかけになっている場合がほとんどです。

  カウンセリングでは、『痩せたい』、『キレイになりたい』という気持ちを受け止めつつ、
  摂食障害の改善目指します。
  摂食障害は、あくまで心の葛藤の結果です。

  カウンセリングで、たくさん話をしていただく中で、摂食障害の心理的原因に気づき、
  その上で生活習慣の改善を行っていくことが望ましいと言えます。


  ・摂食障害改善カウンセリング
  ・カウンセリングをご希望の方
  ・心の病一覧へ



このページの先頭へ