トラウマがあり悩んでいるという方へ

PTSDかも知れないと思ったら

  PTSDのカウンセリングでは、無理に話を進めることは望ましくありません。
  あなたのペースで、話せることからゆっくりと話していただければ大丈夫です。
  カウンセラーは、そのペースに合わせてお話を聴かせて頂きます。

  PTSDは、日本語で心的外傷後ストレス障害といいます。
  大きな震災や事故の後に注目される心の問題ですが、良く混同されがちな症状には、
  ASD(急性ストレス障害)というものがあります。

  PTSDとASDは、同じような症状が表れるため、よく混同されてしまうのです。
  主な症状はこちら
      ↓
  ・フラッシュバック
   被災時の出来事を鮮明に思い出したり、それに影響された夢を何度も見る。

  ・回避
   被災時の出来事や感情を話す事を避ける。

  ・身体症状
   神経が高ぶり、イライラや不安感が治まらない、眠れないという症状。


  上記の症状は、大きな精神的ショックを受ける災害や事故の後の心身の反応 として同然
  のものでもあるので、症状が出ている人に、PTSDやトラウマといった 言葉で、余計な不安
  を与えないことが大切です。


PTSDとASDの違い

  ASD(急性ストレス障害)は、被災後約4週間以内に治まる状態の事をiいいます。
  そのため、この段階でPTSDだと判断し、不安をあおってしまうと、治まるはずの症状
  も治まらなくなるため、 症状が出ている人には、『大丈夫だよ』と声をかけつつ、 安心感
  を与えてあげることが大切です。
  ただ、症状があまりに大きい場合は、専門医やカウンセラーに相談することも必要です。

  PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、上記のような症状が、被災後1カ月以上たっても
  治まらない場合や、1ヶ月後、長い場合は1年後に急に症状が表れる場合をいいます。

  震災や事故で、大きな精神的ショックを受けた直後に症状が出ていても、それが続くとは
  限りませんが、 その時期に元気だった人が、1年後に急にPTSDの症状に悩まされ
  始めるということがあります。
  大きな精神的ショック、トラウマのケアは、長期適な視野を持って対応する必要があり
  ます。


PTSDのカウンセリング

  PTSDも、親による異常に厳しいしつけ、しつけを超える暴力や暴言をなどの虐待、
  その他災害や事故などの精神的ショックが原因となっている場合が多いと言えます。
  そのため、カウンセリングでは、現時点で話せる事からゆっくりと話してもらうことを
  重視していて、無理にPTSDの原因となった出来事やその時期の事を話してもらうこと
  はしません。

  無理にトラウマに触れる事は症状の悪化につながる事が多く、ゆっくりとカウンセリング
  を進めて、心が現実を受け止められるよう、少しづつ強くなっていくのを支えていくことを
  優先しています。

  PTSDのカウンセリングは、カウンセラーもクライエントも、焦らない、無理をしない
  ことが大切なのです。


  ・カウンセリングをご希望の方
  ・心の病一覧へ



このページの先頭へ