大阪でカウンセリングをご希望の方へ

不安感、パニック発作、強迫観念にお悩みの方へ

不安神経症の相談にカウンセラーがお応えします

  不安神経症の改善は、どのタイミングで、どのようなペースで不安の正体と向き合って
  いくかということが大切なのですが、お話を聴きながら適切な改善のペースを見極めて
  くれるのがカウンセラーです。


不安感が強くて困っている

  不安神経症は、明確な不安の対象が解らないのに、不安に襲われて心のバランスが保て
  ない状態のことを言います。
  誰しも不安な思いになる事はありますが、それが外出ができなかったり、乗り物に乗れない、
  人の視線が怖いなど、日常生活に支障をきたす範囲の状態が不安神経症とか、不安障害と
  呼ばれる心の病なのです。

  精神に表れる主な異常は、強い不安やイライラ、恐怖心、緊張感などがあり、身体的には
  発汗、頭痛、胸痛、動悸、下痢、嘔吐などがあります。
  パニック障害という言葉を聞いた事があると思いますが、これは精神の異常が高まり、
  身体にまで影響が出てきた理由が明確でない発作が表れる状態のことを言います。

  パニック障害も、不安神経症の症状の一つです。

  上記のような精神や身体に表れる症状があまりに強い場合は、精神科で明確に症状を伝え、
  薬を処方してもらうことも必要です。


不安神経症の主な症状

  不安神経症は、さまざまな症状があります。
  その中でも代表的なものをピックアップして紹介しています。

  ・対人恐怖症・・・人の評価が気になり、人に嫌われているのではないかと不安になる症状。

  ・広場恐怖症・・・外出すると発作に襲われるのではないかと不安になり、外に行くのが
           怖くなる症状。

  ・パニック障害・・・極度の不安が、発汗、頭痛、胸痛、動悸、下痢、嘔吐などを
            引き起こす障害。

  ・強迫神経症・・・不安で、外出時に何度もカギや電気、ガスを調べたり、何度も手を
           洗ってしまう症状。

  ・適応障害・・・別途説明あり

  ・PTSD・・・別途説明あり


不安神経症のカウンセリング

  不安神経症のカウンセリングは、クライエントが、自分の感じている不安の原因に気づく
  ことや認知(不安の捉え方)が変わることが大切です。
  ただ、無理に原因探しをしたり、無理に認知を変えようとするのではなく、カウンセリング
  を繰り返すうち原因に気づきつつ、認知が変わっていくことが望ましいと言えます。

  カウンセリングの経験から、不安神経症の方は、自分の心と向き合う事が少し苦手な方が
  多いと感じています。
  自分の心の状態に気づき、その状態を感じるという事は簡単なことではないのですが、
  カウンセリングの中でそういう感覚を身につけて頂き、自分の心の中で起こる変化に
  惑わされないようになっていけるようサポートいたします。


  不安神経症と付き合っていくことは、この症状がなぜ起こるのかという事を専門的に
  正しく理解する事が大切です。
  カウンセリングでは、専門的な観点から病気についての説明も行っていますので、焦らず
  改善に取り組んで頂くことをお勧めします。


  ・カウンセリングをご希望の方
  ・心の病一覧へ



このページの先頭へ