うつ病でお悩みの方へ

 ・うつTOP   ・うつの種類   ・うつの原因   ・うつと薬
薬の副作用   ・うつの改善方法   ・改善の正しい努力

 薬を飲むことの大切さ

    やる気が出ない、食欲がない、寝つきが悪い、寝ても疲れが取れないということが、
   2週間ほどいているという場合は病院に行ってみて下さい。
   うつ病とうつ状態のページにも書いたように、うつ病の方は、自分がうつ病だと自覚して
   いない方が多いのです。

   そのために、異常を感じつつも、放置して生活している時間が長く続くため、会社や学校
   に行けなくなってしまう場合が少なくありません。

   そうなってから病院に行く人が多いのですが、それでは改善に時間もお金も多く掛るだけ
   でなく、仕事や勉強に大きな支障が出てしまうことにもなります。
   また、仕事が思うようにできない自分を責めて自殺してしまう方もおられます。

   そうならないよう病院で、自分の症状に合った正しい種類と量の薬をもらって飲むこと
   が大切です。


 薬を飲んでいるのに良くならないという方へ

   薬の飲んでいるのに良くならないという方は、いくつかの可能性が考えられます。

   1、飲んでいる薬の種類と量が症状に合っていない
   2、うつ病ではなく、うつ状態である
   3、日常生活での栄養摂取が不十分

   1に関しては、
    ・医者が患者さんの話を無視し、自分本位で薬を出している。
    ・医者の知識、実力不足。
    ・医者がお金も受け優先で、必要のない薬を出している。
   というお医者さんの問題と
    ・病院で自分の症状について正しい情報をお医者さんに伝えていない。
   という患者さん側の問題があります。

   お医者さんに問題がある場合は、セカンドオピニオンを受けたり、精神医学に詳しい
   カウンセラーに自分の状態と飲んでいある薬のことを話して、アドバイスをもらって下さい。
   しっかりと精神医学の勉強をしているカウンセラーもいますので、一度相談してみましょう。

   自分の症状について、正しい情報をお医者さんに伝えられていない場合は、身の上相談や
   アドバイスを求めるのではなく、しっかりと気分的な症状と身体に表れている症状、
   そして、それがいつから続いているかなどを分かりやすく伝えましょう。


   2に関しては、病院に行くよりも、カウンセリングに通い、自分が感じているストレスを
   ケアしていく必要があります。
   この際も、精神医学に詳しいカウンセラーに相談することをお勧めします。


   3の場合は、ビタミン、ミネラル、良質のたんぱく質(必須アミノ酸を多く含んだもの)
   を、食生活の中でしっかりと取るようにしましょう。


   ・薬の副作用について
   ・薬は飲みたくないという方へ



 ・うつTOP   ・うつの種類   ・うつの原因   ・うつと薬
薬の副作用   ・うつの改善方法   ・改善の正しい努力





このページの先頭へ