うつ病でお悩みの方へ

 ・うつTOP   ・うつの種類   ・うつの原因   ・うつと薬
薬の副作用   ・うつの改善方法   ・改善の正しい努力

 うつの薬の副作用

   だいたいの薬には、大なり小なり副作用がありますが、うつの薬にも副作用はあります。
   それを気にして、『薬なんて飲みたくない』という方も少なくありません。
   しかし、やはり薬はうつ病の改善には効果があり、必要なものです。

   カウンセラーの中には、時々病院に行くよりもカウンセリングに通うべきという人がいる
   のですが、それは間違いで病院とカウンセリングでは役割が違います。
   うつ病の方は、精神科医の先生に診てもらって適切な薬を処方してもらうことも必要です。


   『副作用がどれくらい出るのか?』 という事に関しては、個人差がありますが、
   『抗うつ薬は依存性がある』、『病院に行くと薬づけにされる』 というイメージは
   間違っているので、多少の副作用ですむのなら、薬を飲んだ方が楽になります。
   (症状に会っている薬であることが前提)

   また、良識のあるお医者さんは、処方する薬の作用と副作用も説明しれくれますし、
   最初から大量に薬を出したりしません。
   そして、薬に対する不安や疑問にもちゃんと答えてくれます。
   それを答えてくれない場合は、薬の処方に問題がある可能性もあります。

   薬に対する悪いイメージは、悪徳な医者、知識の乏しい医者に通って、うつが改善され
   ない人たちの言葉から生まれたものであると言えるので、うつ病の方は情報に惑わされず、
   薬を飲み、よく身体を休めるようにしてほしいと思います。

 薬の副作用についての注意点用

   ・副作用を感じた時は、勝手に服用をやめずに、お医者さんに相談して下さい。
    薬は、副作用だけでなく、離脱作用というものもあるので、お医者さんの指導のもと、
    飲むのをやめるようにして下さい。

   ・知人や友人も精神科に通っていて、その薬をもらって飲むような事はしないでください。
    薬は、お医者さんの判断のもの、その人に対して出されたものなので、勝手に他人の
    もらった薬を飲んだら、調子がおかしくなることもあります。

   ・薬が効かないと感じた時、改善には薬以外の条件が必要なのではと考えて下さい。
    薬が聴かないと感じた時、あまりそれをお医者さんに何度も言うと、薬が増えるばかり
    になってしまうこともあります。
    うつの克服には、薬以外にも必要な対策があるので、それを確認して下さい。


    薬以外のうつ病、うつ状態の対策



 ・うつTOP   ・うつの種類   ・うつの原因   ・うつと薬
薬の副作用   ・うつの改善方法   ・改善の正しい努力





このページの先頭へ