大阪でカウンセリングをご希望の方へ

マタニティブルーと産後うつの違い

  女性が、出産後に心のバランスを乱したり、落ち込みが強くなる症状に、マタニティーブルー
  と産後うつがあります。
  これらの症状は、似ているところもありますが、明確な症状、原因、対応も別です。
  以下に2つの特徴を書いていますので、一度読んでみて下さい。


マタニティブルーとは

  人は、脳内のセロトニンの働きが悪くなると、不安感、憂鬱感、不眠など の症状が表れます。
  その症状があまりに強かったりすると、死にたいという衝動に 駆られてしまう事があるのです。

  女性は、出産と同時に、体内から大量のエストロゲンプロゲストロンというホルモンが
  排出されるのですが、 この2つのホルモンの減少は、セロトニンという脳内物質の働きも
  悪くするといわれています。

  上記のことが原因で、女性の何割かはマタニティーブルー という、ホルモンの変化で起きる
  精神状態の変化を経験します。
  これは、ホルモンのバランスの安定とともに治まることが多いので、 産後は無理をせず、
  しっかりと栄養を取りながら過ごすことが大切です。

  マタニティーブルーは、数日間心の安定が保たれない場合があるということを、女性だけ
  でなく、夫となる男性も理解しておくと女性は心強いと思います。


産後うつとは

  マタニティーブルーに比べ、産後うつは脳自体の生まれつきの要因によって起こる症状です。
  本来、うつ病になりやすい人、または過去にうつ病だった人が、出産という大仕事を終えた後、
  うつ病を引き起こした状態です。

  これは、原因は不明ですが、生まれつきの脳内の神経伝達物質の働きの弱さからくる病気で、
  うつ病の一種だと言えます。

  症状も、マタニティーブルーよりも長期化する恐れがあるので、 改善には充分な休養、
  正しい栄養補給が必要です。
  また、うつ病ですので、症状に見合った薬を適切な量で 処方してもらうことも有効です。


  産後うつになった時、カウンセリングで話を聴いてもらうのも良いかも知れませんが、それは
  根本的な改善ではありません。
  カウンセリングでも、心理的な原因探しをするのではなく、 正しい栄養の取り方を説明して
  あげることが重要になります。

  ただ、話を聴いてもらって、苦しい思いを言葉にできた、自分辛さを理解してもらえたという
  体験は、心に非常に良いことですので、休養や栄養補給のフォローとしてカウンセリングを
  利用して頂くことは非常に有効です。


  マタニティーブルーと産後うつは、違いはありますが 関連性もあり、出産をした後に
  マタニティーブルーを経験した人は、 その後、産後うつを発症する可能性もあります。
  そのため、産後は心の状態の変化を感じたら、無理をせず体を休めたり適切な栄養を補給
  するということを心がけて 欲しいと思います。




メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ