心の病は脳の中で何が起きているのか?

神経伝達物質と心の病の関係

  心は脳に存在しており、脳の働きにより感情や思考が生みだされたり、何かを覚えたり、
  思い出したりしています。
  そのため、心の健康を保つには、脳の健康状態を保つことが必要で、そのためには脳の
  どのような働きが、心の病と関係しているのか知っておかなければなりません。

  心の病と言われても、それは脳内の中で何が起きているかということを知らない人は多いです。
  通院している人でも、病院でも詳しく説明してもらえることが少く、脳の働きと心の病の関係
  について知らない方は多いようです。

  心の病は、原因に違いはあれど、脳内の神経伝達物質の働きが乱れている状態です。
  主な神経伝達物質は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、アセチルコリンなどが
  あります。

  うつ、躁状態というのは、セロトニン、ノルアドレナリンが影響しています。
  セロトニン、ノルアドレナリンの減少は、うつを引き起こし、過度な増加はそう状態に
  つながります。
  また、不安感は、ノルアドレナリンの減少による影響です。

  ドーパミンは、多すぎると幻覚、幻聴を引き起こします。
  統合失調症は、ドーパミンが関連している病です。
  ドーパミンが少なすぎると、運動機能に支障が起きます。
  代表的な病はパーキンソン病です。

  アセチルコリンが、多過ぎるとパーキンソン症候群を引き起こします。
  パーキンソン症候群は、パーキンソン病とそれに似た症状の総称です。
  アセチルコリンの減少とアルツハイマー病は関連があると言われています。 


  上記の神経伝達物質の働きが乱れる要因は、生れつきの脳機能の弱さ、ストレス、栄養不足、
  寝不足などさまざまで、働きを整える方法も要因によって違います。

  心の病として同じような症状が出ていても、薬が必要な人、カウンセリングが必要な人、
  栄養補給が必要な人、休養が必要な人、または環境を変えることが必要な人など、改善のため
  に必要なアプローチはさまざまです。

  カウンセラーには、クライエントに対し、どの対応が必要か判断する知識と洞察力が必要です。
  当オフィスで、お話をよく聴く理由の一つは、上記の見極めをしっかりと行うためです。
  そして、必要があればカウンセリングを行うだけでなく、通院を勧めたり、栄養指導をしたり、
  生活習慣の見直しや改善の提案、指導も行っています。


  神経伝達物質と栄養




メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ