大阪でカウンセリングをご希望の方へ

依存症を改善したい方へ

依存症の改善は正しいステップを辿ることが大切

  依存症は心の病の一つで、別名で否認の病と言われています。
  それは、自分の行動が以上であること、周囲に迷惑を掛けていること、自分の現実が危うく
  なっていることなどを認めることができないということが、病気を長引かせたり悪化させて
  しまうという特徴があるからです。
  そのため、我慢、忍耐など心構えだけで改善できるものではありません。
  依存症の改善をサポートできるカウンセラーのもとで、時間を掛けて取り組むことが改善の
  近道です。

  このページでは、カウンセリングの中にも取り入れている依存症改善のためのステップに
  ついて書いていますので参考にして下さい。
  依存症の改善は、下記のようなステップを辿っていくことが望ましいのです。

  ① 自分が依存症であり、自分の力では改善することが難しいということを認める
  ② 専門家の力を借り、正しい助言に従う
  ③ 自分の性格や思考、行動のパターン、過去などに関心を持って考える
  ④ 自分が依存症である本質的な問題を認める
  ⑤ 短所を認め、性格を改善していく
  ⑥ 迷惑を掛けた人をリストアップする、償う気持ちを持つ
  ⑦ 自分を省みて生活する中で、その都度過ちを認め修正していく
  ⑧ 依存症に戻らないための生活習慣を定着させていく


  依存症は、依存行動が継続している中で自分だけでは改善できなかったという依存に対する
  無力さを認めることが改善の第一歩です。
  自分の現状を認め、心の中や過去を整理し、そして正しい努力を行い、それを定着させていく
  ことが必要です。

  長い時間を要する場合が多いですが、カウンセラーの指導のもと根気よく取り組んでいくこと
  が改善の近道なのです。






このページの先頭へ