大阪でカウンセリングをご希望の方へ

他人との境界がわからない人たち

人間関係がいつも壊れてしまう

  境界性人格障害は、別名ボーダーラインパーソナリティ障害といわれるもので、その特徴は
  精神的に非常に不安定で、心の中では自分が人に見捨てられるのではないかという不安を
  強く持っています。
 
  しかし、その行動は、他人からは心境が理解できないほど一貫性がなく、異常に親しみを
  持って接してきたかと思えば、相手の心を傷つけたり、混乱させてしまうような言動を
  取ってしまいます。

  この一貫性のない言動の背景には、人から見捨てられたくない、見捨てられるのではないか
  という不安があり、相手の心を試す行為として不安定な言動を繰り返します。
  その言動は、あまりにも激しいために相手はその人と人間関係を維持することが難しくなって、
  本人から離れていってしまいます。

  そうすると、自分の心の中にある不安を決定づけるように、境界性人格障害の人は、は
  『やっぱり他人は信用できない』とか、『自分は人に嫌われる人間なんだ』
  と結論付けてしまうのです。


  境界性人格障害の人の周囲の人にとっては、境界性人格障害の人の言動に振り回されてわけ
  が分からないままにその人との人間関係が切れてしまうのですが、本人ははじめから人を
  困らせようと思っているわけでもなく、仲良くなりたいと言う思いもあるのですが、心の
  不安定さが人間関係に影響を与えてしまうのです。


境界性人格障害の特長

  境界性人格障害の特長は下記の通りです 。

  ・感情が不安定で、衝動的な行動が目立つ。
  ・人間関係の初期は、友好的かつ献身的な態度で接してくれるが、一定の親密さが
   生まれ始めた頃から、見捨てられたくない不安から、人を試すような行為が増える。
   (いきなり感情的に怒る、暴れたり暴力的になる、自傷行為や自殺未遂をするなど)
  ・他人からは理解しがたい怒りをぶつける。
  ・人を異常に疑い、妄想的な理由まで作りあげる。
  ・精神的な空虚感がある。
  ・自分を傷つける行動する。
   (浪費、不特定多数の人との性行為、過食、危険な運転、リストカットなど)

  ・・・など



境界性人格障害の原因

  一般的に境界性人格障害の原因は家族にあると言われていますが、カウンセリングの現場で
  いろんな方のお話から感じているのは、特に母親の影響が強いように感じます。

  境界性人格障害の人の母親の特徴は、下記のようなものがあげられます。

  ・カウンセリングに協力的ではない、又は否定的
  ・不条理な理由で自分のいう事を聞かそうとする傾向が強い
  ・子供の自立を本質的なところでは拒んでいる
  ・子供を褒めた事が少ない、もしくは子供の記憶には褒められた記憶がない
  ・他人の事を悪くいう傾向が強く、自分以外の人を信用させようとしない

  ・・・など

  境界性人格障害の人は、上記のような母親の言動から多大な影響を受けているので、
  カウンセリングの継続が難しく、続いてもカウンセリングの進行が安定しにくいと言えます。
  そのため、カウンセラーにはしっかりとした知識はもちろん、一貫した態度でいれる精神的
  な強さや誠実さ、包容力が必要となります。




このページの先頭へ