兄弟、姉妹の子育てのヒント

子供の赤ちゃん返り

  子育てをしていると、下の子が生まれた後に上の子が赤ちゃん返りをし始めたという経験を
  お持ちの方も多いと思います。

  子供は親の愛情を一心に受けたい と思っていて、兄弟に負けたくないと思っています。
  子供は、そんな思いでいるので、自分の下に弟や妹が生まれると 赤ちゃん返りをします。

  そんな時、親はどうしたらいいのでしょう?

  それは、上の子を優先してあげる事です。
  子供は、弟や妹がお母さんにかまってもらっていると、親の気を 惹かせようとします。
  そんな時に、お兄ちゃん、お姉ちゃんだからと言って後回しにしたり、我慢させたりすると、
  その子の欲求は満たされずに不満として心の中に蓄積されていきます。
  それが、弟や妹に対する行動に表れて、イジメたりするのです。

  でも、上の子を優先し、ちょっと構ってあげると欲求は満たされるので、自分も下の子の
  面倒を見ようとしたり、お母さんを助けようと してくれます。

  子供の年齢や性格によって、違いはありますが子供の独占欲のページと、このページに
  書いてある内容を頭に入れといていただければ、子育ての参考になると思います。
  そして、どうしても子育てで迷ったり、困った時は、生まれつき性格や子供の発達心理に
  詳しいカウンセラーを頼っていただければいいと思います。


満たされない気持ちの反動

  子供が赤ちゃん返りやその他の行為で親に愛情を求めている時、その気持ちを満たして
  あげないことを繰り返して子育てをしていくと、その反動は大きな欲求となって返って
  きます。

  小さい頃は抱っこをして欲しいだけだったものが、中学生くらいになると思春期の反抗と
  して表れたり、時には万引きなどの犯罪行為に繋がることもあります。
  また、大人になってからは買い物依存に陥いることもありますし、最終的には相続争いに
  まで繋がることもあります。

  相続争いの際の兄弟間の決まり文句は、
  「私だけ親に何もしてもらえなかった」、「○○だけが親に惹きされていた」
  というようなもので、過去に感じた愛情の偏りを、遺産分配の際に埋め尽くそうと必死になり、
  争いが起きるのです。
  大人同士の争いなので、愛情をお金に転化してしまい、収拾のつかない問題になってしまう
  のです。





メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ