息苦しさを抱えている方へ

アダルトチルドレンは病名ではない

  アダルトチルドレンという言葉は、一般的には聞きなれない言葉だと思いますが、カウンセ
  リングには、自分はアダルトチルドレンではないかと感じて来談して来られる方も少なく
  ありません。

  日常の中で息苦しさを感じていたり、他人とのコミュニケーション、恋愛がうまくできない
  と感じている方が、自分はアダルトチルドレンではないかと感じることが多いようです。


  アダルトチルドレンということを自覚しカウンセリングに来る方がいると言うと、一種の
  病状のように思う方もおられるかもしれませんが、それは病状ではなく、幼い頃に子供らしさ
  を表現することが出来ないほど、心にストレスを感じる環境で育った経験を持っていて、
  それが大人になってからの心の健康やコミュニケーションに問題が生じているとという状態
  を表現する言葉です。

  そのため、一口にアダルトチルドレンといっても、相談内容は人それぞれです。
  下記は、アダルトチルドレンと自覚している方たちが抱えている悩みの一例です。

  ・いつも何か原因のよくわからない息苦しさを感じている。
  ・いつも同じようなパターンで人間関係が悪くなってしまう。
  ・他人を信用できないが、でも自分は愛情をもっと受けたいと思っている。
  ・子供に感情的に接してしまったり、すぐに叩くなど手をあげてしまう。
  ・パチンコ、アルコール、買い物、恋愛などへの依存傾向がある。
  ・いつも自分を責めてしまう。
  ・ちょっとした事でもすぐに傷ついてしまう。
  ・他人に異常に攻撃的になったり、他人に批判的な感情が浮かぶ。
  ・常に自分を犠牲にしないといけないと思っている。
  ・生活の中でリラックスしたり、楽しむ事が出来ない。
  ・常に孤独感、疎外感を感じている。


  上記のような悩みは、機能不全家族という子供にとって安心や安全が得られない、
  親が感情的で、一貫性のあるしつけができていなかったり、虐待をしている、親が役割
  を果たせていないような過程で育った子供が抱える場合が多いと言えます。


アダルトチルドレンかも知れないという方へ

  アダルトチルドレンというものは、先にも説明したとおり病名や症状ではないため、薬を
  飲んだからといって良くなるというものではありません。

  アダルトチルドレンだと自覚する過去やそれに伴う悩みを持っておられる方は、
  自分が自分の心を癒す力を身につけることが重要です。
  自分を癒すことの出来る知識、考え方、習慣が身につけば、自ずと日常の中で感じることも
  変化してきます。
  そして、カウンセリングは、自分を癒す力を身につける事をサポートするものです。

  カウンセラーは、専門知識やカウンセリングの経験をもとに、その人が自分の抱えている悩み
  を乗り越えていけるようカウンセリングという関係の中で支えていきます。
  自分を追い詰める思考や行動の習慣とそれが身につくきっかけは、まだ心が未熟な幼い頃の
  ものなので、自分1人で容易に改善できるものではありません。


  自分がアダルトチルドレンではないかという自覚のある方は、無理をせずに自分の問題を
  乗り越えていくためのパートナーになるようなカウンセラーを探しカウンセリングを受けて
  下さい




メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス



このページの先頭へ