もしかしたら、私は対人恐怖症かもしれないという方へ

 あなたの対人恐怖症度をチェックしてください


   対人恐怖症チェックテスト
   ○親しい友人とでも会うと疲れてしまい、早くひとりになりたいと思う。
   ○自分の本音を相手に伝えると、相手を怒らせたり、嫌われるのではと心配になる。
   ○人と一緒にいると、相手にどう思われているか考えてしまう。
   ○身近な人から嫌われたらどうしようと心配になることが多い。
   ○できるだけ人と関わる機会を少なくしたいと思っている。

   ○上手くいかないことがあると、自分が悪いのではないかと思ってしまう。
   ○人前で話す時は、言い間違えや言葉に詰まらないか心配になって緊張する。
   ○友達が誰かと仲良くしていると、自分は仲間外れにされているような感覚になる。
   ○いつも何か最悪のことが起きるのではないかと警戒している。
   ○人が話をしていると、自分の悪口を言っているのではないかと不安になる。

   ○人の視線が気になって落ち着かなくなることがある。
   ○雑談が苦手で、人と一緒にいると何を話していいのか困ってしまう。
   ○人に自分から話しかけることができずに、話かけられるのを待っている。
   〇怒りや悲しみ、不安や不満などは、人に伝えられずに抑え込んでしまう。
   〇怒られたり、何かを指摘されると恐怖感を感じて、その人と距離を置きたくなる。



  テストの結果はいかがでしたか?
  該当するものが、5つ以内だと対人恐怖症になる要因は持っていると言えます。
  6~10個で日常生活に少しでも支障が出ていたら対人恐怖症だと言えます。
  11個以上だと、日常生活で大きな支障が出ていて、生活しずらいと感じるレベルである
  と言えます。


対人恐怖症の種類

  ・赤面恐怖・・・人前で顔が赤くなってしまうのではないかと不安になる。
  ・あがり症・・・人前で話す、乾杯のあいさつなどで極度に緊張して頭が真っ白になる。
  ・電話恐怖・・・電話で話すこと、話していることを誰かに聴かれることが怖いと感じる。
  ・会食恐怖・・・回食事に食べ物がのどを通りにくい、吐き気がするなどで会食が怖い。
  ・視線恐怖・・・他人の視線が怖い、自分の視線で他人に不快感を与えていると感じる。
  ・脇見恐怖・・・視線を向けてはいけないと思う方へ視線を向けてしまわないか不安になる。
  ・醜形恐怖・・・自分の顔や体が醜いと感じ、自分に嫌悪感を感じる。
  ・自己臭恐怖・・・自分の口や体が臭いと思われているのではないかと不安になる。
  ・書痙恐怖・・・字を書こうとすると手が震えて上手く書けなくなる。
  ・男性恐怖・・・男性に触れられる、近くにいること、会話をすることなどが怖いと感じる。
  ・女性恐怖・・・女性と話すこと、一緒にいることなどを怖いと感じる。



  生活の中で人と接することは避けられないので、対人恐怖症を抱えたまま生活すること
  はとても大変な苦労だと思います。
  同じことを行うのにも、対人関係で不安を頂きにくい方に比べて、大きな負担を感じて
  おられますが、それが周囲には伝わりにくいことも苦労の1つだと思います。

  カウンセリングには、上記のような対人恐怖症の特徴を持った方が相談に来られています。
  対人恐怖症で悩んでおられる方はご相談下さい。

         ↓

   対人恐怖症についての説明





このページの先頭へ