もしかしたら、私は強迫神経症かもしれないという方へ

 あなたの強迫神経症度をチェックしてください


   強迫行為チェック
   ○戸締りをしても、何度も確かめに戻ってしまう。
   ○手洗いをしてもきれいになってないと感じて、手を洗い続ける。
   ○ガスの元栓、電気やエアコンの消し忘れが気になって確かめに戻ってしまう。
   ○服を着たり、何かを行う時に決められた順序でないと気になってやり直しをする。
   ○車を運転していると、少しの音で誰かを跳ねたのではないか気になってしまう。
   〇その他、止められない行動がある。

   強迫観念チェック
   ○電車のつり革、ドアノブなどは、汚いのでさわりたくない
   ○尖っているものがとても怖いと感じる。
   ○自分が誰かに暴力を振るっている場面が頭に浮かぶ。
   ○体臭など、周囲の人に臭いと思われていないかと心配になる。
   〇反道徳的、反社会的なことをしたいと思ってしまう。
   〇ものが捨てるのが不安で、部屋に必要のないものが溢れている。
   〇その他、気になって仕方がないことがある。



  強迫神経症に関しては、強迫行為も強迫観念もどれか一つにチェックが入り、それが自分
  の生活を窮屈にしてしまっている場合やスケジュールや行動に支障をきたしている場合は、
  一度カウンセラーに相談した方がいいと言えます。


強迫神経症の特徴

  強迫神経症は、上記のテスト内容にもあるように、いくつかの特徴があります。

  ・確認行為・・・施錠、電気、窓などを何度も確認してしまう。
  ・不潔強迫・・・自分の身体の汚れが気になって、何度も洗わずには気がすまない。
  ・加害恐怖・・・自分が不注意によって誰かを傷つけないか不安になる。
  ・被害恐怖・・・自分が自分自身の手で、何かの出来事で傷つくのではないか不安になる。
  ・不完全恐怖・・・あるべき場所に物を置かなければならないと不安になる。
  ・数唱強迫・・・4、9などの不吉な意味合いを感じる数字を避けたり、数え続ける。
  ・縁起恐怖・・・社会的、倫理的、もしくは宗教的によくない行いをしないか不安に駆られる。
  ・疾病恐怖・・・ガンや心臓病など、命に係わる重い病になっているような気持ちになる。
  ・自殺恐怖・・・自分は自殺をしてしまうのではないかという不安になる。
  ・保存強迫・・・大切なものを捨ててしまうのではないかと不安になり、ゴミだらけになる。


  強迫神経症というのは、上記のような特徴の総称なので、人によってさまざまな強迫観念、
  強迫行為があります。
  自分もどれかが当てはまって、それによって生活が不自由になっているという場合は、
  専門家に相談することが望ましいでしょう。


  強迫神経症の背景には、表現できていない重要な思い、脳の働きの問題などがあるので、
  医学知識のあるカウンセラーに相談することをおすすめします。

         ↓

   強迫神経症についての詳しい説明





このページの先頭へ