こんにちは。
AXIAの大橋です。

梅雨真っ盛りですね。
この時期、曇りや雨の日が多く、日照量が少ないですよね。
さらに、湿気もあるし、寒暖差もあることも多い。

なかなか大変な時期です。

冬期うつなんて言葉を最近は耳にする機会が増えましたが、
実は、梅雨も精神的に不安定になりやすい時期なのです。



そのためか、最近は5月病だけでなく、6月病という言葉も出てきました。
この5月病と6月病は、どちらも適応障害と呼ばれるものです。

5月病・6月病なんて名前がついているため、一時的なものと思われがちですが、
放置していると、うつ病やその他様々な心の病になってしまうこともある
恐ろしいものです。


適応障害ってどんな病気?

適応障害とは、環境の変化などのストレスにうまく適応できないことにより、
心身に様々な症状が現れ、日常生活に支障をきたすようになってしまう病気
です。

ただ、診断の際もし、うつ病や不安障害などといった、
ほかの精神病の診断基準が当てはまる場合は、そちらが優先されます。



うつ病などの気分障害や不安障害ほど重い症状ではないけれど、
健康な状態ではない場合に適応障害と診断されるのです。



裏を返せば、適応障害を放置していると、様々な精神疾患に至ってしまう可能性があるもの
だと言えます。


5月・6月に適応障害になりやすい理由

適応障害になってしまう要因には、心理要因と環境要因、気候要因があります。
今回は、5月・6月になりやすい理由についてですので、環境要因と気候要因について
お話をします。

環境要因

適応障害は、環境の変化や日常のストレスに上手く適応できないことにより起こります。


環境の変化といえば4月。


新年度が始まり、環境の変化が起こりやすい時期です。



5月病・6月病のイメージですと、新入生や新入社員にしか関係ないと思われがちですが、
進級、クラス替え、昇進や異動、新人を受け入れるなどの変化があるため、無関係ではありません。
なお、昇進と書きましたが、めでたいことであっても、適応障害は起こります。
結婚や出産など、喜ばしいことであっても、なるときはなるんですね。


まだ4月は、新しい環境やこれまでの環境からの変化に対応しようとしている時期であり、
ストレスにもまだ耐えることができる時期です。

しかし、5月になり、人間関係や仕事内容など、様々な面で慣れてくると、
理想と現実のギャップ、4月に溜まったストレスの影響などから、様々な症状が出始めます。

5月はまだGWがあり、持ち直せることも多いのですが、
6月になると、5月に持ち直した分の気持ちも元に戻りやすくなります。

そして、日々のストレスを抱えながら過ごしていく内に、適応障害になっていくのです。

気候要因

5月の末~7月頭くらいの間は、梅雨の時期です。

太陽が顔を出す日が少なく、じめじめとした空気なども多い状態が続きます。
この、太陽が顔を出す日が少ないこと、太陽の光が弱いことが、人の心を弱らせる大きな要因なのです。


太陽の光を浴びることで、人間の脳内では、セロトニンという脳内物質が分泌されます。
セロトニンとは、心の平和をつかさどると言われるもので、
体内時計を朝にリセットしたり、ストレスの緩和やリラックス状態を作り出したりします。


ただでさえストレスを感じやすい環境と時期に、
ストレスに対抗するための脳内物質が少なくなりやすい気候が重なることで、
心も病みやすくなるんですね。

適応障害の症状

適応障害の症状は、心、身体、行動など様々なものがあります。
一言でいうと、ストレスによって引き起こされる物全てと言えます。


例えば、
心の症状:不眠、不安、気分の落ち込み、イライラなど

体の症状:動悸、吐き気、便秘、めまい、ふるえなど

能力の低下:仕事や作業に集中できない、思考にまとまりがなくなる、
ぼーっとしてしまう、もの忘れがひどくなるなど

行動の変化:お酒、タバコが多くなる、攻撃的になるなど
と、いったようなものが挙げられます。


このように、適応障害は、「適応障害だから、必ずこの症状が起こる」といったものではなく、
ストレスによって起こる変調により、日常生活を送るのに支障が起きるかどうかということが
重要になります。


自覚症状に目が行ってしまいがちですが、
重要なのは、適応できない環境にいることでストレスが発生している
と、いうことなのです。

そのため、ストレスの原因から離れると、症状はなくなっていきます。

しかしながら、ストレスの原因から離れたとしても、ストレスの感じ方や耐性、
別に何らかの問題があるなどの場合は症状が無くなりません。
どこに行っても症状が起こったり、環境を変えても同じような問題が起こる場合、
心の面での問題も考えられます。

また、長期間我慢をしていたことで、考え方がいつの間にか変化し、
気付かない内に問題を起こしていることもあり得ます。

そして、長期間適応障害の症状のまま我慢をしてしまったり、何度も繰り返してしまうと、
別の心の病になってしまう可能性もあります。



そうならないためにも、日々の生活やストレスケア、考え方など、
様々なメンテナンスが必要になります。

5月・6月病になりやすい人は、どういった人なのかを知り、
どのような対策をする必要があるのかを知り、実践することで、
元気を取り戻していく必要があります。

次回は、どういった人が適応障害になりやすいのかなどについてお話をしたいと思います。