こんにちは。AXIAの大橋です。

今回は、セックスレスについてのお話です。

セックスレスは、非常に繊細かつプライベートな内容のため、なかなか相談や話し合いができず、悶々と抱え込んでしまっている方も多いと思います。

セックスレスは、心的な要因と、カップル双方の要因が関係しています。
どちらか一方だけが悪いためにセックスレスであるという場面もありますし、一方だけが悪いと決めつけてしまっていることも多々あります。

そもそもセックスレスとは?

日本性科学会は、1994年にセックスレスを以下のように定義しました。

「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」

ここでいう「セクシュアル・コンタクト」は、性交だけでなく、キス、ペッティング、裸でのベッドインなども含まれています。

一か月と考えると、短いと感じられる方も多いかもしれませんが、キスなど、直接セックスには結びつかない身体的接触も含まれていることを考えると、遠距離恋愛・単身赴任などを除けば、そこまで長いとも言えないのではないでしょうか。

セックスレスの改善はお互いの協力が必要

セックスレスの原因として考えられるものの大半は、心理的なものであるといわれています。

〇カップルの一方が性機能の低下や、相手へのコンプレックスなどから積極的になれない場合。
〇カップルの一方が、相手との関係性において、心理的な変化をしてしまっている場合。
〇カップルの一方が、相手に興味をなくしてしまった場合。 などなど

このような状態に陥った場合、考えてしまいがちなのが、どちらか一方に原因を求めてしまうことです。
しかし、セックスレスの問題を考える際、どちらか一方だけに原因があると考えてしまうと、なかなか問題が改善しなかったりします。

また、性の問題という非常に繊細で、内容によっては、男性である・女性であるということそのものを否定されたように感じてしまいかねないものであるため、お互いに言い出しにくいということもあります。
そのため、夫婦間やカップル間で問題を解決しようとする努力も大切ですが、繊細だからこそ、問題がこじれてしまうことも多々あります。

セックスはコミュニケーションの一つ

セックスをするために、雰囲気を作ったり、会話などで気分を盛り上げる行為は、非常に重要です。それと同じく、セックスレスについても、お互いに話し合い、理解をしようとしたり、お互いに納得のできるようにすることは非常に重要です。

このステップを踏まずに、一方的に相手に問題があると決めつけてしまうと、ますます相手はセックスに対して消極的になってしまうこともあります。

しかしながら、繊細な内容のため、言葉にすることがはばかられたり、きちんと伝えきれなかったり、言葉にできなかったりなどということが発生します。

実際、夫婦や恋人だから、「細かく言わなくてもわかっているだろう。」と、必要な情報を無意識に話さないでいてしまうことや、自分自身はそこに問題があると思っていないがために、話すことの中から大切なポイントが抜けていたりすることも多くあります。
そのため、話し合いをしても、進展せずに硬直してしまい、関係だけが悪化してしまう。なんてこともよく起こります。

そうならないためにも、カウンセリングなどを利用し、お互いの気持ちや考えを整理し、理解できるようにすることで、解決の糸口をさぐり、再度お互いの距離を近づけるきっかけになることがあります。

セックスレスが、最終的にお互いの理解を促し、さらに良い関係へと発展できるきっかけになればと思います。

 

心理カウンセラー大橋善知

心理カウンセラー大橋善知
HP  カウンセリングオフィスAXIA  
BLOG 大橋善知の記事一覧  

いつもご愛読ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、よろしければ応援願います。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村