こんにちは。AXIAの大橋です。

これまで、ネット依存について、マズローの5段階欲求を元に、
前々回は社会的欲求を、前回は承認欲求について説明をしました。
今回は、社会的欲求と承認欲求の両方を使い、
動画サイト依存者の視聴者側についてお話をしたいと思います。

退屈の罠

することがなくて何かしら刺激が欲しい。
そんな時の色々な選択肢の中の一つとして動画サイトがあります。
サイトを開くと、様々な動画が投稿され、興味のあるものや、
何かしら自分で撮って投稿されているもの、生放送などがあります。

これらを開き、時間をつぶすことになるわけですが、
動画を見るだけでは飽きてきます。
そのため、掲示板や生放送での発言をするようになります。
同じように暇だったり、何か思い入れがあったりする人たちと
会話する中で孤独感が紛れたりするんですね。

それなりに自分と合う話をする人などが集まってくるため、
暇な時や勉強の時につけておいたりするようになり、
それが徐々に増えていくようになります。

気の利いた発言をし、その話題になると嬉しく感じる。
常連になり、大ぜいの閲覧者がいる中で放送者に覚えてもらえた。
以前の会話について振ってもらえた。
などといったことがあると、自分の居場所のように感じたり、
特別感を得たりします。

これが何度か続くと、社会的欲求がある程度満たされ、
その場所を失ったり、自分を忘れられる怖さと、”もっと放送者に印象付けたい。”
”他の視聴者よりも上に立ちたい。”という気持ちを感じるようになります。
もしくは、楽しそう・ちやほやされてうらやましい・モテそう・楽して儲けられそう
などの理由から、自分から放送者になる場合もあります。

とても小さな世界

どこかに所属し、特別になりたい。
そう感じることについては、別に問題はないと思います。
しかし、その所属している場所にしがみついたり、
そこにドップリ浸かることになると、様々な問題が生じます。

日常の大半が、動画サイトの時間になる。
放送者を特別な人間と感じるようになり、
オフ会などで直接会い、都合のいい奴扱いにされるようになる。
なんていうのはよく聞きます。

それだけでなく、これらはネット依存全体でもありますが、
世界観がネット及びそのコミュニティに影響されるようになり、
考え方や発言などが歪むようになります。

よく聞く話で言うと、
差別発言・他の意見を攻撃する攻撃性・ネット上の知識は全て正しいと感じ、
知らない人は情報弱者だと自分が優位にいるように感じたりします。

これらは、日常や自分の心の中をネットの世界が締めるように
なってしまったことを意味します。
そして、徐々にそうなっていくことで、周囲とも話が合わなくなったり、
考え方が合わず避けられたり自分から避けるようになったり、
もめてしまったりします。
そのため、ますます現実での孤独感を深め、
よりネットの世界に入り込みます

人との会話が減り、言葉が出てこない・言葉を発することができない状態になり、
「この状態では笑われる」と、余計外に出づらくなる。

どんどん自分の世界は狭くなっていくことになんとなく気付き始めるけれど、
どうしたらいいかわからない。怖くてたまらない。
だから余計にのめり込む。

この記事をごらんのあなたはいかがでしょうか?
自分は大丈夫。そう感じているかもしれません。
しかし、片足を踏み込んでいる可能性もあります。
少しでも不安があるのであれば、カウンセリングを
受けられることをお勧めします。
とても貴重な「今」その動画で
どれだけの「本物」が手に入るでしょうか。
どれだけの世界が広がるでしょうか。

少しでも早く回復への道に進まれることで、
早い回復に繋がります。
気軽にご相談ください。