こんにちは、AXIAの大橋です。

前回、どうして束縛をしてしまうのかについてお話をしました。
今回は、その原因をどうやって見つけるのかについてお話をしたいと思います。
この記事は、前回の続きですので、前回の記事をお読みいただいてから
こちらを読んでいただければと思います。

その不安は何なのかを理解する

自分に自信を持ち、自分を信用し、自分が必要な存在である
と自覚できないことから、それを他人を通じて感じようとするため、
束縛などをしてしまう。
また、相手から否定や拒否をされること、
自分が特別じゃない・必要じゃないんだと感じることを常に恐れ、
不安に感じるようになってしまう。と、前回お伝えしました。

そうはいっても、浮気されたりするんじゃないか、
自分から相手が去ってしまうんじゃないか、私とは遊びなんじゃないか…
など、不安な気持ちは溢れてくる。
それに、常に一緒にいたい、相手のことを知っていたいという気持ちは、
好きなんだから当然じゃないか…
なんて言われてしまいそうですが、そこに落とし穴があるんです。

「本当に好きだから」は理由にならない

浮気を本当にしているのを知っていたり、浮気性な人を射止めたというのなら
別かもしれませんが、そうでないのであれば、
浮気をされるんじゃないか? 相手がいずれ自分から去ってしまうのではないか?
自分は遊ばれているだけなんじゃないか?…など、
湧き上がる不安は、相手のせいで感じているものでしょうか?

多少不安に感じる事はあったとしても、相手にたいした非がないのに、
居ても立っても居られないくらいの強い不安を感じてしまうのは
本当に当然なのでしょうか?

本当に浮気したり、去って行くなどという不安は、
確証のない、ほぼ想像と言っても過言ではないものではありませんか?

そんな風に、お互いに非の無いことや想像を根拠に相手を責めてしまっていると、
相手も辛いでしょうし、いつも疑わないといけない自分もしんどい
ですよね。
そして、そんな状態の理由としてよくあげられるのが、
「好きという気持ちが強いから不安になる」というもの
なんです。
もちろん、好きだからという気持ちが影響していないとはいいませんが、
お互いにしんどいと感じるほどの束縛をしてしまう理由にはなりませんよね。

不安は自分が作り出している

そんな風に、自分や相手までもしんどくさせてしまうほどに
不安や心配を強烈なものにしてしまっている本当の理由は、
これまでの経験などによって、無意識に作られた自分の思考パターンや
自分の中の常識、物事の受け止め方の癖などの影響によるもの
なんですね。

これを心理学では、認知のゆがみというのですが、
その認知のゆがみを知り、自分は今、こんな理由でこういう状態なんだと理解し、
受け入れること
がとても重要になります。

なぜなら、沸き起こってくる強い不安が、自分の認知のゆがみなどからくるものなのか、
相手が原因で感じてしまっているものなのかを知る手がかりになるためです。
この手がかりを元に、不安が沸き起こった時、相手を束縛することで
落ち着くものなのか、そうではないのかを考え、行動をできるようにしていく
んですね。

ちなみに、これがないと、前回の冒頭でいったような束縛に対する対処が、
本当にただの対処でしかなく、いつまでも沸き起こる不安に悩まされ続け、
また時間が経つと、束縛をしてしまっている…

なんてことにもなりかねないんですね。

そのため、しっかりと自分を把握する必要があります。

しかし、これが非常に難しい。
なぜなら、“これはこう”という自分の思考や常識に基づいて考えるため、
思考の矛盾や問題点などに気付けないんですね。
そのため、カウンセリングなどを利用し、より深い自己理解と洞察をすることと、
それに基づいた対処をしていくことが重要になります。

もしこのブログをご覧の方で、相手を信用できない、束縛してしまうなどでお悩みで、
なんとかしたいと思っていらっしゃるのであれば、是非一度ご相談ください。

少しでも幸せな恋愛ができるよう、お手伝いをさせていただきます。