こんにちは。AXIAの大橋です。
前回、マズローの5段階欲求の説明と、
社会的欲求を元に、ネット依存になってしまいやすい仕組みについてお話をしました。
今回は、承認欲求を元に、お話をしたいと思います。

認めてほしい・認められたい

承認欲求とは、
自分が所属してもいい場所が見つかると、
自分が所属している集団から
・価値ある存在として認められたい。
・尊敬・尊重されたい。
・注目や名声・地位が欲しい。

と、感じるようになることをいいます。

そのコミュニティの中で自分の地位を高め、その居場所を守ったり、
より自分の居心地がいいようにしようとするわけですね。

ネットの様々なサービスで、この心理が働いている様子が見受けられます。
最もわかりやすいのはやはりオンラインゲームなのですが、
前回つかいましたので、今回は動画サイトを例に、
まずは配信者側の説明をしようと思います。

Youtuber・生主・その他動画放送者の場合

Youtuberや生主になろうと思った場合、設備などを除けば、
そこまでたいした金額は必要ないようです。
逆に、視聴者数や視聴を有料にした場合、放送者にも収入が
入るようになっています。

さて、配信をしようと考えた場合、登録してしまえば、
youtuber・生主と名乗ろうと思えば名乗れます。

そして、何度か放送をしていく内に、ファンが数名つきました。
そうすると、放送者としては、自分の放送枠が自分の居場所として
認識され(社会的欲求の充足)ます。

何名もいるyoutuberや生主という社会の中で、一応ファンのいる人として
胸を張って名乗れる位置につくことができたわけですね。

そうなった時、数少ないファンと放送や掲示板を通じて交流を深め、
仲良くなり、もっと盛り上げようと頑張る。

どうしたらファンが増えるか、もっと面白いと思ってもらえるか、
そんなことをずっと考えてしまうんですね。

それらの行動を通じ、ファンが増えたり、ネットで話題になると、
とてもうれしかったり、楽しい気持ちが膨らみます

脳内でドーパミンがドバドバ出てくるわけですね。

このあたりで、依存状態にドップリとハマり込んでしまいます。

依存状態の悪化

さて、ファンがある程度増え、居場所が確立されてくると、
より多くのファンが欲しい、ファンを囲い込みたい
面白い放送者として認められたいという気持ち・承認欲求が強くなります。

以前、脳はドーパミンの刺激に対し、
喜びを感じる度合いが減るようになっていくと説明しましたが、
ここでも同じことが起こります。

毎回同じようなことをしているとつまらない。
ファンを紳士的に大切にしているだけでは限界がある。
以前に比べるとファンが1人増えてもそれほどに感じない。
もっと認められるには?もっと稼ぐには?
もっと過激に、面白く、長い時間の放送と、もっと多くの動画を!!

よく、放送者がお店や会社などに対して失礼なことをしたり、
放送で露出行為をしたりして逮捕者や訴訟問題になったりもしています。

依存状態にあり、他の放送者よりももっと!!となる中で、
社会生活を送るうえでのルールに対するハードルが
どんどん下がってしまうんですね。




今現在、放送者の方。
その放送はいつまでできますか?
どこまでできますか?
家族や友人関係は壊れていませんか?
もしダメになった時、あなたに何が残りますか?
学校や会社の人に見られてもまったく問題ないですか?

放送者になりたい方。
本当にそれを続けられますか?
道を外さずにいられますか?
簡単そう・楽しそう。それだけで始める方が多いようですが、
ダメだったとき、よほどの結果ときちんとした内容の放送を
していないと就職活動では不利にしかなりません。

自分は大丈夫とは思わないでください。
結構気付かない内にハマり込んでいますし、
社会的に放送者の位置づけはかなり低いです。

多分、多少気になっていてこの記事をご覧になった方も
いらっしゃると思います。
もっとややこしく、大変になる前にカウンセラーにご相談ください。

次回は、視聴者側について説明します。