こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

褒めて伸ばす、という言葉がありますが、それも相手の性格によって
効き目がある場合もあれば、ビシッと言われた方が伸びる人もいるので
一概には言えないと思っています。

ですが、子どもを育てていくなかで、出来たことをきちんと褒めてあげる
ことは大事です。それは、子どもは周囲の大人に、特にお父さんお母さんに
認められたいという気持ちを強く持っているからです。

 

ただ、気を付けてもらいたいこともあります。

大人はどうしても「出来たこと」に目を向けやすいため、結果が出たときに
褒めてあげるということが多くなるのです。
それ自体が良くないことなのではありませんが、それを続けていくと
子どもは無意識のうちに、結果が出なければ褒められない、認めてもらえない
という感覚を育ててしまいます。

結果を出せれば褒められる、出せなければ褒められない。
子どもがこれを学んでしまうと、期待に応えられないとわかると
はやくに諦めてしまったり、それによって自信を失ったりすることがありますす。

 

親なら、子どもに期待をしたり、望ましい結果を求めてしまうのも
自然なことではあるかと思いますが、

「今回はできなかったけど、でもこんな風に頑張れたよね、すごいな~!えらい!
それに、これで次は もっとこうすればうまくやれそうっていうのも気付けたね。」
というような言葉をかけてあげたいものです。

良い結果を出せるに越したことはないけど できないことがあってもいい
努力の過程を認める、そういう視点がお母さんたちにあるといいでしょう。
また、お子さんの 目標に向けての行動の過程に問題があるなら、そこに対して
しっかりと話をしてあげることも必要です。

 

褒め方や叱り方というのは難しいものですが、ただ出来たことを褒めるのみでなく
子どもの「親に認めてもらいたい」という気持ちや、頑張る意味行動の目的
理解してあげられるように、その子の心を聴く姿勢を持つことがいちばん大切なことです。

 

子どもとの関わりのご相談について