こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

ギャンブル依存症の方は、ギャンブルが習慣化していると同時に
ひとりの時間の使い方が上手くありません。

改善へ向けてすすめるなかで、必ずと言っていい程出てくるのは
「時間の使い方」という課題です。

 

ギャンブル依存症の改善には、まずギャンブル断ちをしていただくことから
スタートになるのですが、最初にも書いた通り、依存症の方にとって
ギャンブルはそれまで習慣でした。

以前の記事でも書いたように仕事の帰りの時間に行く人も多いですし、休みの日に
パチンコ店で朝から夜まで座っているという人や、時間の融通がきくお仕事を
されている場合は
仕事中の空き時間に、または早退してギャンブルに行く等も
よくあるようです。

生活をしている中で自然にうまれる空き時間だけでなく、仕事や私生活に
支障を出してまでも、ギャンブルのためにプラスアルファの時間をつくるのは
ギャンブル依存症の方によくみられる傾向です。

 

このため、ギャンブルに行かないという環境をつくってはじめのうちは、
空いた時間にどうやって過ごしたらいいかわからなかったり、
時間ができると行きたくなるといった状態になる方が多いのですが、
これは、それまでの習慣の影響で出てくるもので、これらをどう乗り越えて
いくのかがひとつの課題なのです。

この、時間の使い方の習慣を変えていくことが改善には必要になります。
空いた時間に、ギャンブル以外のことをして過ごす習慣をつけること、
それを継続して定着させていくことが大切です。

 

次回の記事もこの続きを書きたいと思いますので、ぜひ併せて
読んでいただけますと幸いです。

 

 

ギャンブル依存症のご相談について