こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

カウンセリングをしていると、依存症の方のご相談に対応させて
いただく機会が多くあります。そういったお話を聴いていく中で、
よく登場するのが我慢というワードです。

上記で、“依存症”と書きはしましたが、依存症のご相談に限らず
様々なご相談内容のテーマでも、この我慢というポイントで
多くの方が悩まれています。

 

 

最初から我慢というワードを用いて相談に来られる方ばかり
ではありません。カウンセリングを進めていく中で、結果的に
我慢する力が関係しているとなる相談内容が多いのです。

それには、
我慢がうまく使えないことで問題が生まれている方、そして
我慢をうまく止められないことで問題が生まれている方
二つのパターンが存在します。

我慢をする“忍耐力”も使い方ひとつで自分を助けますし、
少し間違えてしまうと自分を追い込むことに繋がってしまう
ものです。
カウンセリングのなかで、そのような何らかの偏りや癖が
見受けられたときには、ご自身で、不必要な我慢をしていること
必要な我慢ができていないことに気が付いてもらえることを
大切にしています。

 

依存症の人や、モラハラ・DVなどでご相談に来られる方は
自身が我慢が利かないということに自覚を持って来られているので
自分の我慢する力に対して問題意識を持つのにあまり時間はかかりません。

ただ、ご相談者様の中には「わたしは我慢強いんです」と仰る方が
いらっしゃって、適切に我慢する力を使えている”という方であれば
よいのですが、“しなくてもいい我慢を続けている”ことで慢性的な
ストレスから神経症のような症状が出てしまっていたり、抑うつ状態に
なっている方には一旦そこで考えてもらいたくなります。
その我慢は果たして続けていくべきものなのか?という視点を持って
頂けるといいなと感じることがよくあるのです。

 

我慢する力は大切だとはよく言われますが、ただ我慢が出来ればいいと
いうものではありません。

まずは我慢する力を養うこと。
ですが、その後もとても重要です。

その我慢する力をどこで使うのかどこで我慢をやめるのか
それらを判断する、我慢力を本当に大事な場面で適切に使っていく能力
培われていかなくてはならないと知ってもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ