うつ病と診断された方へ

薬は本当に必要なのか?

うつの改善=薬で治療 とは限らない

  心身の不調を感じ、精神科や心療内科に行ってうつ病やうつ状態と診断された方の中には、
  薬は飲みたくないという方は少なくありません。
  うつになると病院に通って薬を飲まないといけない、薬を飲み続けることになるという
  先入観を持っている方もおられますが、決してうつの改善=薬で治療ではないのです。

  確かに、うつ病の改善には薬は有効である場合も多く、むしろうつ病の場合は症状の重さ
  によっては薬を飲んだ方がいい場合もあります。(飲み続けた方がいいわけではありません)
  しかし、うつ状態の場合は、その原因はストレスである場合が多いので、薬では改善されない
  ためストレスの自覚とケアが必要になります。

  カウンセリングには、うつ状態の方がたくさん来られますが、それはうつ状態がストレスが
  原因の症状であるためです。


薬は飲みたくないけど、薬しかないと思っていませんか?

  カウンセラーという仕事をしているとうつ病の方ともうつ状態の方ともお会いすることが
  多いのですが、その方たちの持っておられる先入観は、薬を飲まないといけないというもの
  であり、薬を長く飲んできた方は薬を飲んでも良くならないと感じつつ、薬しか頼れないと
  思ってしまっているということが多いのです。

  しかし、一生薬に頼らないといけないということは決してありません。
  それは、うつ病の原因は脳内の神経伝達物質の働きが弱っていることであり、生活習慣の
  改善で脳の働きを活性化することは可能だからです。

  うつは、神経伝達物質の中でもセロトニンという物質が関係しているのですが、このセロト
  ニンは太陽光を浴びると増えることもわかっていますし、うつにつきものの不眠も太陽光を
  浴びることで改善されるということもわかっています。
  また、神経伝達物質は薬で補給するものでなく、食物に含まれる栄養によって体内でつく
  られるものなので、最終的には薬ではなく、食生活が重要になってくるのです。

  そのため、うつ病の方が薬を飲む必要があるのは、まず日常生活の習慣改善に取り組むまで
  に症状を回復させる場合と不安であれば適量の薬だけ処方してもらう場合なのです。


薬を飲む前にカウンセリングへ

  うつ病で通院されている方も、自分はうつ病だと感じた方もカウンセリングにはたくさん
  来られています。
  カウンセリングでは、しっかりお話を聴かせて頂くのでうつ病の方にも、うつ状態の方にも、
  それぞれに合ったアドバイスをさせて頂くことも可能です。

  当事務所のカウンセラーは食生活、運動、睡眠など、いろいろな観点からうつ病やうつ状態
  の対策について知識を持っておりますのでご安心ください。

  カウンセリングでお話を聴かせていただき、薬が必要と感じた方にはその旨もしっかりと
  お伝えしています。
  薬は飲みたくない、薬を飲むことに抵抗があるという方は、一度カウンセリングにお越し
  下さい。

  うつ病だと思っていてもうつ状態だという場合、うつ病でも飲んでいる薬が合っていない
  場合、生活習慣の乱れがうつ病につながっている場合など、そういう背景も考慮しながら



カウンセリングの主な相談内容

 ・アダルトチルドレン  ・パニック障害     ・対人恐怖症    ・ギャンブル依存
 ・過食と拒食      ・親子関係       ・子育ての悩み   ・幼児虐待の悩み
 ・恋愛、夫婦関係    ・不登校の悩み     ・性格改善     ・漠然とした悩み
 ・子供のチック症    ・おねしょ、夜尿症   ・離婚の悩み    ・浮気や不倫の悩み
 ・自律神経失調症    ・セックスレスの悩み  ・中、高校生の悩み ・ネット依存
 ・買い物依存      ・職場のストレス    ・マリッジブルー  ・性犯罪の心のケア
 ・性問題の改善

  ※上記以外で相談したい悩みがあるという方も、遠慮なくお問合せ下さい。

  相談内容一覧に戻る






このページの先頭へ