病院で原因はストレスだと言われた方へ

 病院で自律神経失調症と言われて途方に暮れていませんか?

  自律神経の働きが乱れると、いろんな症状が出てしまうので病院に行く方がおられますが、
  お医者さんは原因がわからない時や病名が付けにくい時に、自律神経失調症という言葉を
  都合よく使ってしまうこともあります。
  それは、賢いはずのお医者さんが『わかりません』って言えないですからね。

  もちろん、そんなお医者さんばかりではありませんが、自律神経失調症だと言って、その
  病院に行く以外に改善の手段を示したり、考えてくれないお医者さんにあたってしまうと
  患者さんは途方に暮れてしまうと思います。

  カウンセリングでは話をよく聴かせていただき、自律神経失調症と言われた背景にまで考え
  を及ぼして改善するための方向性を考えさせて頂きます。
  自律神経失調症と言われて途方に暮れておられる方は一度カウンセリングにお越し下さい。


自律神経失調症はストレスが原因

  自律神経失調症の原因はストレスです。
  そもそも自律神経とは、交感神経という活動時に働く神経と、副交感神経という休息時に
  働く神経のバランスが崩れて発症する病気で、その主な原因はストレスです。
  病院で自律神経失調症だから対処法がないと言われ困っている人も多いかと思いますが、
  ストレスのケアとストレスを上手に解消する習慣を身につけることで改善につながります。


自律神経失調症の主な症状

  自律神経は、人間の筋肉や内臓など、さまざまな身体の働きと関係があるので、その働きが
  乱れるとさまざまな症状が表れてしまいます。 
  下記のような症状があって、病院に行って検査をしても異常がない、原因はストレスだと
  言われた方は自律神経失調症の可能性が高いです。

  ・頭痛  ・腰痛     ・肩こり    ・めまい    ・のどが詰まる   ・胸の圧迫感
  ・動悸  ・手足のしびれ ・下痢や便秘  ・寝汗が多い  ・朝から疲れている ・胃の調子が悪い
  ・耳鳴り ・体のだるさ  ・手足のだるさ ・皮膚の違和感 ・失神・・・など    



自律神経失調症とカウンセリング

  カウンセリングでは、自律神経失調症で悩まれている方の相談もお受けしております。
  カウンセリングを受けることでの効果は、その人の体調や精神的な面の改善の準備によって
  違いがありますが、改善までの多少の時間は個人差があっても、カウンセリングを受けて
  楽になったと言われることが多いです。

  自律神経失調症になるということは、性格的に我慢強くてストレスを抱え込んだ時、ストレス
  の行き場がなくなり、身体に影響が出ているのです。
  そのため、原因となるストレスが緩和されれば、症状も楽になるのです。

  自律神経失調症で、どうしていいかわからないという方は一度カウンセリングを受けて
  みて下さい。
  お話を聴かせていただくと、何がストレスになっているか、そうすればストレスが緩和
  されるかなどがわかるので、改善のためのアドバイスをさせていただくこともできます。


  ※ただし、身体に異常を感じた時、まずはその異常の個所をみてくれる専門医を受診
   して下さい。
   自律神経失調症と判断し、カウンセリングでの改善を試みるのは、他の病気であると
   いう可能性を無くしてから取りかかることが大切です。


カウンセリングの主な相談内容

 ・アダルトチルドレン  ・パニック障害     ・対人恐怖症    ・ギャンブル依存
 ・過食と拒食      ・親子関係       ・子育ての悩み   ・幼児虐待の悩み
 ・恋愛、夫婦関係    ・不登校の悩み     ・性格改善     ・漠然とした悩み
 ・子供のチック症    ・おねしょ、夜尿症   ・離婚の悩み    ・浮気や不倫の悩み
 ・自律神経失調症    ・セックスレスの悩み  ・中、高校生の悩み ・ネット依存
 ・買い物依存      ・職場のストレス    ・マリッジブルー  ・性犯罪の心のケア
 ・性問題の改善

  ※上記以外で相談したい悩みがあるという方も、遠慮なくお問合せ下さい。

  相談内容一覧に戻る






このページの先頭へ