ギャンブルが止められない方へ

ギャンブル依存症の方はカウンセリングが必要です

  依存症を改善するには習慣を改善するしかありません。
  正直に申しますと、ギャンブル依存症はカウンセリングでの改善率は低いのです。
  その理由は、3回も通わないうちにカウンセリングに来なくなってしまう方がほとんど
  だからです。

  しかし、カウンセリングを継続された方で改善されなかった方はおられません。
  依存症改善のノウハウを持ているカウンセラーなら、ギャンブル依存は決して難しい問題
  ではないのですが、カウンセリングに通っていただくことが難しいのです。
  本気でギャンブル依存を改善したいという方は、しっかりとサポートさせていただきます
  ので一緒に頑張ってみませんか?


パチンコ、競馬、競輪などギャンブルを止めるために

  カウンセリングでは、パチンコや競馬といったギャンブル依存症の方のカウンセリングも
  行っています。
  割合的にはパチンコ依存症の方の相談が多いです。

  ギャンブル依存症の改善のポイントは、いかにギャンブルという行為を封印するかです。
  もし、ギャンブル依存症でカウンセリングを受けようかと思っている方が、「ある程度良く
  なれば、またパチンコ(競馬)をやれるだろう」とお考えであれば、改善は難しいです。

  ギャンブル依存症の改善は、ギャンブル自体を禁じ、そして禁じたことによる禁断症状の
  克服することで改善されます。
  カウンセリングは、この事を良くわかっているカウンセラーにお願いすることが大切です。


  また、ギャンブル依存症で精神科を訪れる人もおられますが、基本的にはパチンコ依存も、
  競馬依存も薬では改善されません。
  ギャンブル依存症はカウンセリングで改善する病気です。
  ただ、薬に関しては、禁断症状を抑えるためには有効です。

  自分がギャンブル依存かなと思われる方、身近な人がギャンブル依存かもしれないと
  思われる方は、すぐにでもカウンリングを受けて頂くことをお勧めします。


依存症は否認の病

  依存症は別名、否認の病と言われていて、依存症の人は自分が依存症であることをなかなか
  認めません。
  そのため、カウンセリングにもご家族の方がご本人を連れて来られるケースが多いです。
  そして、自分が依存症であることを認め、カウンセリングが継続できる方は改善する可能性
  が非常に高いのですが、改善しない方の大半は、2回目のカウンセリングに来られることは
  ありません。
  依存症である事を認めきれていないため、継続することが難しいのです。

  自分、もしくは家族が、ギャンブル依存症かも知れないという方は、チェックテストを
  試してみて下さい。
      ↓
  ギャンブル依存症チェックテスト


  ギャンブル依存症は、その人と家族の人生を大きく狂わす怖い病気です。
  まずは、自分がギャンブルに依存している事を認め、そして適切な改善方法を提示し、
  サポートしてくれるカウンセラーに相談しましょう。

  ギャンブル依存症を改善するには、改善のノウハウを持っているカウンセラーに相談して
  カウンセリングを受けることが有効です。
  カウンセリングでは、話を聴くだけでなく、脳の仕組みなども考慮した改善のアドバイス
  を行っていきますので、状況がこれ以上悪くなる前に相談に来てください。



カウンセリングの主な相談内容

 ・アダルトチルドレン  ・パニック障害     ・対人恐怖症    ・ギャンブル依存
 ・過食と拒食      ・親子関係       ・子育ての悩み   ・幼児虐待の悩み
 ・恋愛、夫婦関係    ・不登校の悩み     ・性格改善     ・漠然とした悩み
 ・子供のチック症    ・おねしょ、夜尿症   ・離婚の悩み    ・浮気や不倫の悩み
 ・自律神経失調症    ・セックスレスの悩み  ・中、高校生の悩み ・ネット依存
 ・買い物依存      ・職場のストレス    ・マリッジブルー  ・性犯罪の心のケア
 ・性問題の改善

  ※上記以外で相談したい悩みがあるという方も、遠慮なくお問合せ下さい。

  相談内容一覧に戻る






このページの先頭へ