過去から続く親子関係の相談

アダルトチルドレントップ   ・機能不全家族   ・演じている役割   ・アダルトチルドレンと心の病

アダルトチルドレンという心の課題

  アダルトチルドレンという状態の人がいるのではなく、アダルトチルドレンという心の病が
  あるわけではありません。
  アダルトチルドレンとは、心の病や人間関係の問題の原因になっている心の課題のような
  ものです。

  その原因は、家庭環境が影響しています。
  アダルトチルドレンは、過去の親子関係の感情体験が今現在にも影響していて、心の状態が
  安定にしにくい、感情が抑えられないことが多い、人間関係が上手く築けない、自分に自信
  が持てない、何事にもやる気がでないというような悩みを抱えておられる方が多いです。
  このような場合、1人で考えて心の癖を弱めて乗り越えていくことは難しいです。

  私たちカウンセラーが担当する相談の大半は親子関係が影響しています。
  そのため、アダルトチルドレンに関する相談は自然と対応することが多くなるので経験も
  豊富になります。
  『自分はアダルトチルドレンかも知れない』と思われる方は安心してご相談下さい。


自分の過去と向き合うカウンセリング

  カウンセリングに来られる方には、過去の家庭環境から生じた悩みによって、現在も辛い
  思いをしておられるという方も少なくありません。
  それを、ご本人が自覚している場合と自覚しておられない場合がありますが、原因がよく
  わからないイライラや不安、焦り、または息苦しさ、人から見捨てられるように感じる
  思い、対人恐怖、異常なほどの相手への依存などを抱えておられる場合もあります。


  幼少期のからの家族関係が、現在の心の病や悩みに影響している状態をアダルトチルドレン
  といいます。
  アダルトチルドレンは、親子関係が原因なのですが、似たような家庭環境でもアダルトチル
  ドレンと言えるような思いを抱き育つ子供とそうでない子供がいます。

  それには、子供の性格が大きく関係しているので、アダルトチルドレンのカウンセリングは、
  その人の家庭環境がどうだったかという事実と、それをどう捉えているかという感覚を
  理解するためにも、しっかりと話を聴かせて頂く事が大切だと考えております。


  自分の過去を話して頂く事で記憶や気持ちの整理をしていただく事や、新たに気付きに
  よって現在が良くなっていくお手伝いをすることがカウンセラーの仕事です。
  ただ、自分の過去を話すという事は、決して楽な事ではないので、話せそうな事から
  ゆっくりと話して頂けるようカウンセリングを進めていきます。


  生き苦しさ、辛さ、不安感や焦燥感など、いつも精神状態が不安定になりやすい方は、一度
  ご相談下さい。


  アダルトチルドレンの関連ページ
  ・機能不全家族
  ・演じている役割
  ・アダルトチルドレンと心の病

カウンセリングの主な相談内容

 ・アダルトチルドレン  ・パニック障害     ・対人恐怖症    ・ギャンブル依存
 ・過食と拒食      ・親子関係       ・子育ての悩み   ・幼児虐待の悩み
 ・恋愛、夫婦関係    ・不登校の悩み     ・性格改善     ・漠然とした悩み
 ・子供のチック症    ・おねしょ、夜尿症   ・離婚の悩み    ・浮気や不倫の悩み
 ・自律神経失調症    ・セックスレスの悩み  ・中、高校生の悩み ・ネット依存
 ・買い物依存      ・職場のストレス    ・マリッジブルー  ・性犯罪の心のケア
 ・性問題の改善

  ※上記以外で相談したい悩みがあるという方も、遠慮なくお問合せ下さい。

  相談内容一覧に戻る




このページの先頭へ