大阪でカウンセリングをご希望の方へ

過去に焦点を当てるカウンセリングの技術

精神分析の重要性

  精神分析は、人の無意識の奥に沈む心の傷に焦点をあて、クライエントが自分の過去や心の
  傷向き合う手段で、過去と向き合うことから心の状態の回復を目指します。
  代表的な技法に、自由連想法といわれるものがありますが、現在は過去の手法のまま行って
  いるケースは少なくと思います。

  精神分析は、フロイト、ユング、アドラーなどの分析家が有名で、心理学を専門的に学んだ方
  でなくても知っている人はいるほどです。

  精神分析の理論は、時代とともに枝分れして現在でも各理論の正しさが専門家によって主張
  されています。
  また、そういった背景から、その有効性に対して批判的な意見もあります。

  しかし、私は精神分析的なものの見方、人間の心理と捉え方自体は時代が変わっても必要で、
  人間を理解するための重要な手がかりだと思っています。


カウンセリングへの活用

  上記にも書いているように、精神分析学というものは、さまざまな流派が生まれているので、
  どの理論が正しいかという主張が行われていますが、カウンセリングの現場ではそんなことは
  関係ありません。

  カウンセリングは、どのようにクライエントを援助して、クライエントの社会適応を実現
  させていくかということが大切なので、そのために精神分析の理論が活用されることが望ま
  しいのです。

  当事務所では、当然精神分析の知識を学び、カウンセリングに活かしています。


精神分析学への理解

  精神分析療法は、本当によく理解して用いなければならない療法で、フロイトやユングを始め、
  いくつかの理論があるため、その違いや理論が変化していった意味は理解しておく必要がある
  と思います。

  カウンセリングの中では、相談内容によってはアプローチの程度やタイミングに気を使う療法で
  はありますが、精神分析の理論は、人の心を理解する上で欠かせない部分もあり、さまざまな
  心の問題への対応の基礎となるものだと考えています。


  カウンセリングを行う上で精神分析の理論を知っていると、クライエントの抱える問題を
  理論的に理解するのに役立ちます。(もちろん、それに固執する事はよくないのですが・・)
  私たちはカウンセリングの中に、その理論を取り入れています。



 ・心理療法一覧へ
 ・来談者中心療法   ・精神分析的療法   ・認知行動療法   ・ゲシュタルト療法
 ・自律訓練法     ・家族療法      ・NLP       ・条件反射制御法


メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ