クライエントに寄り添う心理療法

来談者中心療法の三原則

  来談者中心療法は、カール・ロジャーズによって提唱された療法です。
  カウンセラーがクライエントの話に積極的に耳を傾け聴くことによって、クライエント
  自身の気付きを促し、その気付きによりクライエントが立ち直っていくという療法です。

  この療法は話を聴くということを重要視していますが、その単純さの反面、非常に難しく、
  内容を良く理解しておかなければならないと思っています。

  日本では、比較的多くのカウンセラーが学び、使用している心理療法ですが、よく内容を
  吟味して研鑽を積まなければ、クライエントの援助につながらないカウンセリングになって
  しまう恐れがあります。

  そうならないように、下記の3つの条件をどのように解釈してカウンセリングを行うかが
  重要だと思います。
  来談者中心療法で大切とだと言われている条件は以下の3つです。


自己一致

  これはカウンセラーが、自分の気持ちと正直に向き合える事が出来ていて、自分の感情の
  把握や考え方の確認ができていて、揺るがない姿勢でカウンセリングの場にいるか、という
  ことです。
  私は3つの条件の中でもこの自己一致が最も重要だと考えています。


無条件の肯定的関心と尊重

  これはクライエントのあるがままを受け入れ、関心を持ち尊重するということです。
  これはとても重要ですが、その反面とても難しくカウンセラーがクライエントの話を素直
  に聴き、どれだけ深く理解できるかがこの態度を成立させる条件と考えています。
  クライエントの話を先入観をもたず、クライエントの体験と感じたことを尊重しようという
  姿勢が大切なのです。


共感的理解

  クライエントの体験に寄り添い、その体験をクライエントが感じたように感じ取ることを
  言います。
  混同しています人もいますが、共感は同情とは違います。
  あくまでクライエントの体験として、その体験を感じ理解することが大切で、クライエント
  が悲しんでるかといって、自分も同じ気分になりその感情に飲み込まれてははいけないのです。
  これも無条件の肯定的関心と尊重と同じで、カウンセラーの傾聴能力が重要です。


来談者中心療法の活用

  私は、来談者中心療法は、カウンセリングの土台となる療法だと考えていて、重視して
  いるのですが、来談者中心療法しか知らないカウンセラーであってはならないと考えています。

  話を聴くこと自体が援助となるクライエントもおられますが、具体的かつ積極的なアプローチ
  が必要なケースもあります。
  それを見分けるためにも来談者中心療法の理論は重要で、クライエントに対する理解を深める
  ために必要だと思っています。

  AXIAでは、来談者中心療法を大切にしつつ、適切なアプローチができるように他の知識や
  技術をも身に付けています。



 ・心理療法一覧へ
 ・来談者中心療法   ・精神分析的療法   ・認知行動療法   ・ゲシュタルト療法
 ・自律訓練法     ・家族療法      ・NLP       ・条件反射制御法


メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ