大阪でカウンセリングをご希望の方へ

幅広い分野で活用されている心理学 NLP

現実に目を向け、行動パターンを順応させる方法

  NLPとは日本語になおすと、『神経言語プログラミング』といいます。
  これは、コミュニケーション学、心理療法、コーチングの知識や技法を取り入れ体系化された
  アメリカ発の心理学です。
  アメリカでは大学の講義のカリキュラムに使われていたり、政治家やビジネスマンも自己の
  成長に取り入れています。

  NLPでは、以下の3つの事を重要な事としています。

  自分が本当は何を望んでいるのか(方向性)
  今何が起こっているのか(現在の位置・状況を知る)
  変化・行動する為の選択肢を持つ(柔軟性)


  漠然としていた思いや迷い、不安に感じていたことを意識的に考え明確にすれば、本当に
  自分が進みたい方向にエネルギーを集中させて、行動が起こせるようになります。
  NLPのセッションでは、NLPプラクティショナーという資格を有したものががそれを
  サポートしていきます。

  その中で、自分が日頃から使っているパターンに気付いたり、自分が望む結果につながる
  コミュニケーションパターン取り入れていくことができます。


カウンセリングへの導入

  NLPでは“相手を尊重し、好奇心を持って接する”ことの重要性がとかられています。
  これはカウンセリングでも大切なことであり、NLPをカウンセリングに活用している
  カウンセラーもたくさんいます。

  NLPは、自分のコミュニケーションパターンを振り返り、再構築していくことに役立つため
  カウンセリングの対象となる悩みの解決に活用できるため、カウンセラーによっても有効な
  援助技法の1つであると言えます。



 ・心理療法一覧へ
 ・来談者中心療法   ・精神分析的療法   ・認知行動療法   ・ゲシュタルト療法
 ・自律訓練法     ・家族療法      ・NLP       ・条件反射制御法





このページの先頭へ