大阪でカウンセリングをご希望の方へ

自分らしく生きるためのアプローチ

過去へのこだわりを断つ

後悔、遺恨、拘りなど、心残りを整理する心理療法

  ゲシュタルト療法とは、フレデリック・パールズによってが生み出した『今、ここ』での
  気付きを重視した心理療法です。
  ゲシュタルトの語源は、「まとまった全体」、「統合された形」というドイツ語のです。

  人の存在は、性別、年齢、過去、現在、未来、人間関係、仕事、恋愛など様々な要素や体験
  などが統合され成り立っています。
  しかし人を構成する要素の中に、心残りや誤魔化したり抑え込んだ感情が含まれていると
  統合された人格は『未成熟な形』となります。

  そして未成熟な部分が、人間関係の構築の邪魔をしたり、心や体に異常をきたすという形で
  現れるのです。


  ゲシュタルト療法は未成熟な部分を発見し、その未成熟な自分の一部と和解することで、
  自分という全体を『成熟した人格』に統合し直すのです。


  成熟した人格は、『今、ここ』を生きている人格です。
  自分を誤魔化したり、押さえつけたりせず、自分のしたいこと、自分のすべきことを理解して
  行動することが『今、ここ』を生きるということなのです。 



主なゲシュタルト療法の技法

エンプティチェアー

  誰も座っていないからの椅子を用意して、クライエントが何かを伝えたいと思っている
  人物がそこに座っていると仮定し、伝える事ができていない意見や感情やを伝えてもらう技法。

    

トップアンダードック

  「~したい自分」と「~せなばならない自分」という対立する感情を持つ自分同士を対話
  させ納得いく答えを導き出す技法。

    

未完遂のワーク

  過去にやりたかったのにやれなかったことを行ってもらい、感情の解放を促す技法。

    

ロールプレイ

  できない事をできる自分を演じてもらったり、クライエントにとって重要な意味を持つ他者
  になり切ってもらうことで問題の解決を図る技法。

    

言葉と行動の一致

  言葉に行動を合わせ自分の気持ちを的確に表現したり、行動に言葉を合わせる事によって、
  今の自分の気持ちに気付けるようにする。 

    

ドリームワーク

  クライエントの見た夢の登場人物や事物を演じてもらい、演じることで夢を体感し気付き
  を促す技法。

    

事実と感情表現

  事実を語ってもらい、その後に事実に対する感情を語ってもらう技法。




 ・心理療法一覧へ
 ・来談者中心療法   ・精神分析的療法   ・認知行動療法   ・ゲシュタルト療法
 ・自律訓練法     ・家族療法      ・NLP       ・条件反射制御法





このページの先頭へ