大阪でカウンセリングをご希望の方へ

心因という心の病の原因

心の病や人間関係の悩み、問題行動など自覚している心の悩みは心からのSOSのサイン

  うつやパニック障害、不安神経症、対人恐怖症、などの心の病、人間関係での不安、出来事
  など、リストカット、拒食や過食、パチンコや恋愛依存、痴漢などの行動の問題は、心が
  何らかのストレスに耐えられなくなっていてSOSを求めているサインです。

  カウンセリングを受けられている人の多くは、そのサインを受け取って自分を見つめ直す
  ことの必要性を感じておられる方達です。


現実心因と深層心因

  心の病や人間関係の問題、行動の問題など、心の悩みの原因のことを心因と言います。
  心因とはわかりやすく言うとストレスのことで、何らかのストレスによって精神、身体、
  行動のいずれかに異常が生じてしまうのです。(ストレスとはストレスによる弊害

  カウンセリングというのは、そういう異常を改善するためのもので専門的な知識を持った
  カウンセラーに話を聴いてもらうことが心の悩みの改善の近道なのです。

  カウンセリングの際には、その人の悩みの原因である心因が何なのかということを考えて
  話をきいているのですが、その心因には2つの種類があります。

  それは現実心因深層心因です。


  現実心因は、人間関係や仕事など日常の中で生まれるストレスで、ある程度自覚できている
  もののことをいいます。
  一方、深層心因は、幼少期にできた心の傷、抑圧している感情、コンプレックスなど、
  心の深いところにあって自覚できていないもののことをいいます。
  アダルトチルドレンは、この深層心因を抱えていて、その影響が現在にも強く出ている人の
  ことをいいます。

  カウンセリングでは、話を聴きながらその人の悩みの原因が現実心因なのか深層心因なのか、
  またはそれらが複雑に絡み合っているのかを見分け、悩みの改善のためのアプローチを考えて
  いきます。

  カウンセリングでお聴きする相談内容には、深層心因が原因であるケースが多く、それが
  現実心因を生みだしている場合もあるので、心の悩みは確かな知識を持ったカウンセラー
  に相談することが必要なのです。








このページの先頭へ