性格を改善したいという方へ

性格はカウンセリングで変えることができる

  カウンセリングを通じての性格の改善は可能です。
  ただ、性格には変えられる部分と変えられない部分があります。

  性格改善をご希望の方は、改善のために辛い思いや余計な苦労をしないためにも、
  まず下記を読んでいただき性格の知識を得た上でカウンセリングにお越し下さい。


変わる性格、変わりにくい性格、変わらない性格

  性格を変えたい思っている方に知っておいて
  いただきたいのは、性格には、変わる部分、
  変わりにくい部分、変わらない部分があると
  いうことです。

  さらに付け加えると、服装のように時と場所
  を選んで着せかえている部分もあります。
  自分の性格を変えたいと思っている方は、
  まず性格のどの部分がどれに当るのかを知って
  おいてほしいと思います。

  右記に性格の仕組みを図にしたものがあり
  ますが、性格はこのような構造になっている
  と思っていただけると、性格の改善についても
  考えやすいです。
   

  まず、変えることができない性格は、中心の気質といわれる生まれつき性格です。
  生まれつき備わっている脳の防衛反応のようなものですので、誰にも一定の癖があって
  変えることはできません。


  次に変わりにくい性格は、気質の周囲の親に育てられる中で形成される性格である人格です。
  この部分は、赤ちゃんの時から無意識に形成されていっている性格ですので、その性格の
  特徴すら自覚できていない人も多く、意識的に変えることは難しいため変わりにくい性格で
  あると言えます。ただ、多少変化させることが可能です。


  気質と人格を覆うように形成されていくのは、日常の言動、表現として習慣化している
  習慣的性格
です。
  この習慣的性格は、他人から見たその人の性格としてわかりやすい部分でもあり、本人も
  ある程度自覚できている部分です。
  また、言動や表現なので意図的に習慣を変えることも可能です。
  実は性格の改善とは、意識的に習慣を変えていくことを言うのです。
  自分の習慣をより良くすることで、心の状態、体の調子、人間関係、仕事や勉強などへの
  取り組みも良くなっていきます。


  さらに役割的性格というものもあります。
  私たちは社会生活を送る中で、いろんな人にいろんな場面で接しています。
  そのため、どんな人にもどんなべ面でもより良いコミュニケーションがとれるように意識的
  にも、無意識的にも相手や場面を選んでキャラクターを作って人と接しています。
  これは、ページの最初の方にも書いた着せかえている性格のことです。

  コミュニケーション能力が高く、多くの人から評価のいい人は、上手に役割的性格を着せ
  かえることのできている人だと言えます。
  この性格は、決して八方美人ということではなく、相手の心情や自分との関係性を考慮
  した上で自分の言動を選択することができるということで、コミュニケーションのスキル
  でもあります。

性格を改善したい理由

  カウンセリングでは、性格改善の依頼を受けることがありますが、性格を変えたいという
  理由は下記のようなものがあります。

  ・仕事で成果を出したい
  ・仕事やスポーツなどであがらないようになりたい
  ・いつも他人の評価を気にしている自分を変えたい
  ・恋愛が上手くいかない
  ・夫婦関係を良くするため



性格を改善する方法とは

  上記でも説明してあるように、性格は気質、人格、習慣的性格、役割的性格の4つの特徴が
  合わさったものを言い、それが人の個性でもあります。
  でも、その性格のため、人間関係が上手く作れなかったり、止めた方がいいと思う習慣が
  変えられなかったりと自分の性格について悩んでいる人もおられます。
  そこで、性格を改善したいと思う方もおられると思いますが、

  ・自分の性格の全体像をよく理解すること
  ・どのような自分になりたいか、イメージを明確にすること
  ・イメージに近づくための行動すること

  が性格を改善していく上で必要で、上記を段階的に実行していくことをカウンセラーは
  サポートします。

  では、上記のような段階を踏んで性格を変えていく時、具体的に性格のどの部分を変えよう
  という意識で取り組むのかというと、それは習慣的性格です。

  性格改善は、習慣の改善であり、カウンセリングでは気質や人格を把握しつつ習慣を変える
  ためのサポートを行なっていきます。
  いくら習慣を変えることは意識的に可能だといっても、気質や人格を無視して行なうと変えて
  はいけない方向に変えることになってしまうので、性格学に詳しいカウンセラーのもとで習慣
  を改善してくことが望ましいです。

  生まれつきの性格である気質は、変える事ができませんし、人格は幼少期にある程度形成
  されているものなので、意識的に変えることは難しいと言えます。
  しかし、習慣的性格は日常の言動、人や物事に関わる態度なので、意識的に変えることが
  可能です。
  特に、短期的に変えることは難しくありません。
  ただ、短期的な変化は、性格改善とまでは言えないので、強い意志を持って変えた習慣を
  維持していくことで、少しづつ人格にも変化が表れてきて、性格が改善されていくのです。   


人格の成長の方向

  性格の改善は、その人の気質が何なのかによって方向性が違ってきます。
  ただ、闇雲に習慣を変えようとするのではなく、自分の気質をよく知ることが大切で、
  気質が何なのかがわかると自分の目指すべき方向性も明らかになります。

  自分の気質を知ると、当然なりたい自分のイメージも作りやすくなるし、そのために取る
  べき行動も具体的分かるようになります。

  ちなみに、人格がとても成長している人格者は、専門家が見てもその人の気質が分かり
  にくくなっています。
  気質を覆っている人格の変化は、性格の中核である気質を見えにくくしてしまうのです。
  また、ストレスを多く抱え込んで、人格が後退しすぎている場合も気質は分かりにくく
  なります。


  性格の改善は、強い意志自分を深く洞察する力があれば、やろうと思えば一人で行う
  ことも可能ですが、自分の気質が何なのか、成長の方向はどっちなのかを明確にしたり、
  習慣を変えるのにくじけそうな時にサポートを受けたり、適切なアドバイスをもらうこと
  が必要な方は、カウンセリングをおすすめします。

  性格改善は、決して短期間でできるものではないので、安心と安全を保ちながら行うので
  あれば、性格学に詳しいカウンセラーのサポートを受けながら、じっくりとやっていくこと
  が望ましいです。


  ※短期間で性格を変えようとしたり、短期間で変わるという専門家のもとで改善を試みる
   ことは危険ですので、注意してください。



  もっと性格の知識が知りたい方へ
  下記には、気質という生まれつき性格の理論をもとにした性格のコラムへのリンクを
  掲載しています。
 ・性格の知識一覧
 ・性格は4重構造になっている
 ・性格を改善する方法とは?
 ・性格は生まれつき決まっている 
 ・他人の視線が気になるのは生まれつき
 ・性格によって違う努力の捉え方
 ・気質とストレスの関係
 ・性格とコンプレックス
 ・性格の違いと結婚前の恋愛関係
 ・性格や価値観の違いと夫婦関係
 ・気質の違いと愛情表現の違い


メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ