大阪でカウンセリングをご希望の方へ

性格の違いは努力の方法にも表れる

努力は目的か、それとも手段か?

  私たちは、仕事やスポーツ、そして家庭のことなど、明確にもしくは漠然とした目的を持って
  生きています。
  この目的を達成のためには努力が必要になるのですが、この努力というものをどう捉えている
  のかということも気質が関係していて、自分が努力をどのように捉えているかということを
  知っておくことで、何かへの取り組みも変わってきます。

  人間の中には、世の中を肯定的に捉えやすい人もいれば、否定的に捉えやすい人もいます。
  また、どちらでもなく両価的にとらえている人もいます。

  上記のような世の中をどのように捉えているかという感覚が、努力が目的になるか、手段に
  なるかの違いと関係しています。


努力を目的と捉える人

  世の中を肯定的に捉えている人は、努力をすれば報われる、夢はかなうという感覚の人が多く、
  努力すること自体が大切だと考えています。
  そのため、一心不乱に物事に打ち込め、努力の方法があっていればある程度成果を出すこと
  ができます。

  ただ、努力すること自体が目的になるということは、努力の方法を間違えやすかったり、
  間違った方法や方向に努力を重ねているうちにチャンスを逃してしまうこともあります。
  常にすべきことに集中して取り組める反面、すべきことが間違っていたり、チャンスを掴む
  のが苦手な点が努力を目的と考えてしまう人の特徴です。


努力を手段と捉える人

  世の中を否定的に捉えている人は、努力をすれば報われる、夢はかなうという感覚ではなく、
  努力は目的達成のための手段であり、努力したからといって必ずしも目的が達成できるわけ
  ではないと考えています。

  そのため、努力の方法と方向が大切だと思っていて、チャンスを見逃さないようにという
  意識が強いです。
  努力を手段と考える人は、理にかなった目的達成の方向性や方法を考えたり、チャンスを
  掴むことには長けていますが、地道に努力をすることやメリットを感じないと努力を止めたり、
  始めないという傾向があります。


どちらのタイプが目的を達成できるのか?

  努力を目的と捉える人と手段と捉える人で、どちらが目的を達成しやすいのかということ
  ですが、正直どちらがいいということではなく、自分がどちらのタイプか知っておくことが
  大切なのです。

  前者は一心不乱に努力ができる分、目的を達成する前に力尽きることがあったり、間違った
  方向や方法を選択していても気づかないことがあるので、時々上手に休暇をとったり他人の
  意見に耳を傾けたりしていくことが大切です。

  後者は理にかなった方法で努力ができ、チャンスを活かすことは上手ですが、心が不安定
  な時は努力を怠るので、いい精神状態でいることがとても大切です。
  精神状態が悪くなるとモチベーションも見失いがちになるので、自分が努力をする意味を
  確認することが大切です。


  世の中には努力を目的と捉える人と手段と捉える人は、目的と捉える人の方が多いです。
  それは、気質の中で世の中に人口比率の一番多いタイプと比較的多いタイプが該当している
  からです。
  そのため、『努力すれば夢がなう』という言葉が受け入れやすい人が多く、努力が報われる
  ストーリーのドラマや映画などが人気が出やすいのです。

  ちなみに、私は努力を手段と捉えているタイプです。


  もっと性格の知識が知りたい方へ
  下記には、気質という生まれつき性格の理論をもとにした性格のコラムへのリンクを
  掲載しています。
 ・性格の知識一覧
 ・性格は4重構造になっている
 ・性格を改善する方法とは?
 ・性格は生まれつき決まっている 
 ・他人の視線が気になるのは生まれつき
 ・性格によって違う努力の捉え方
 ・気質とストレスの関係
 ・性格とコンプレックス
 ・性格の違いと結婚前の恋愛関係
 ・性格や価値観の違いと夫婦関係
 ・気質の違いと愛情表現の違い

  心理カウンセラー衣川竜也執筆 自分の生まれつき性格がわかる本
  生まれつき性格のチェックテスト付
        ↓

     


   ビジネス版 生まれつき性格のサイト
   性格の秘密.COM





このページの先頭へ