大阪でカウンセリングをご希望の方へ

カウンセリングのQ&A

スクールカウンセリングとどういう違いがありますか?

  スクールカウンセリングとカウンセリングルームのカウンセリングの違いについては一概に
  これが違うと言いにくいのですが、場合によっては下記のような違いがあります。

スクールカウンセラーは基本的には臨床心理士である

  はスクールカウンセラーは臨床心理士ばかりだったとは限らないのですが、今では基本的に
  臨床心理士が募集の条件になっている場合が多いです。
  特に公立の学校ではその傾向が強いです。
  ただ、臨床心理士だから知識や経験が豊富で、カウンセリングが上手いということではなく、
  そのあたりは資格の違いではなく、そのカウンセラーの取り組み方や経験の違いであると
  言えます。


スクールカウンセラーはカウンセラーの経験と社会性が必要

  スクールカウンセラーもカウンセリングルームの開業カウンセラーも、児童や学生、親御様
  の相談にお応えするにはカウンセラーの経験が必要です。

  それは、子供の悩み、思春期や不登校、親子関係に関する相談であってもそれに取ったした
  知識だけでなく、精神医学や性格学などの知識を持っていないと偏ったアプローチしかでき
  ないからです。
  子供や親子関係だけでなく、幅広い悩みへの対応経験がある方が子供、学生のカウンセリング
  でも適切な対応ができる可能性が高いと言えます。


  スクールカウンセリングは、カウンセラーに社会性があるということも重要なポイントに
  なります。
  私は教員に知り合いが多いので、学校のスクールカウンセラーの現状を聴かせてもらう機会
  があるのですが、多くの先生が、子供たちがスクールカウンセリングを利用していることは
  知っていても、スクールカウンセラーとは話したことがない、スクールカウンセラーの顔は
  知っていても人柄はよくわからないと言われています。

  これはスクールカウンセリングの制度的な問題もあるのかもしれませんが、先生たちと対話
  ができるカウンセラーが少ないということも言えると思います。


  カウンセラーは内向的な人が多い職業で、私自身もどちらかというと内向的ですが、内向的
  であっても社交性をある程度身につける努力はしています。
  しかし、まだまだカウンセリングの業界は、カウンセラー自身が内向的であることと社交性
  がないということの違いが分らず、社交性を高める必要性を理解している人は少ない業界です。

  スクールカウンセラーは、学校の先生の生の声を聴ける機会が多いので、しっかりと先生と
  コミュニケーションを取ろうという意識がなければ、本当に質の高い援助は難しいのでは
  ないかと思っています。


  スクールカウンセリングに通うべきか、有料でもカウンセリングルームに通うべきか迷われた
  場合は、どちらの形態かということよりも、どんなカウンセラーがカウンセリングをして
  くれるのかが重要ですので、スクールカウンセリングで満足感が得られなかった時、疑問を
  感じた時に街のカウンセリングルームに通ってみられてもいいのではないかと思います。


  質問一覧のページへ





このページの先頭へ