カウンセリングのQ&A

行政のカウンセリングとのちがいについて

  行政の無料カウンセリングとプロのカウンセラーによるカウンセリングは下記のような
  違いがあります。

行政のカウンセリングは、実はカウンセリングというよりも相談対応である

  行政で行われているカウンセリングは、カウンセラー資格がありカウンセリングの専門知識
  や経験が十分な人が対応してくれるわけではありません。(もちろん、例外は存在します)
  それに、行政の相談員は、どちらかというと相談に対して早い段階から何らかのアドバイス
  をします。
  アドバイスをすること自体が悪いわけではありませんが、プロのカウンセラーはアドバイス
  が的を外れた時の危険性やタイミングを間違ったアドバイスの無力さ、そして話をよく聴く
  ことでアドバイスが必要なくなる場合もあることをよく理解しているので、アドバイスは
  適切なタイミングを見て行います。。

  実際、悩みがあっても感情も思考も整理されていて、アドバイスをもらった場合に実行に
  移せる状態でなければ、アドバイスを聴いても効果はありません。
  自分の頭が整理されていてアドバイスが欲しい状態というのは、具体的に言うと専門的も
  しくは有益な情報を必要としている状態ですので、行政に相談員にしてもプロのカウンセラー
  にしても、持っている知識が自分の知識よりも上回っていなければ意味がありません。


  行政の無料カウンセリングを利用される場合は、カウンセリングというよりもアドバイスを
  含めた情報を提供してもらえる機会だと理解した上で利用された方がいいと思います。


    

行政のカウンセリングは、専門の資格や知識を持った人が対応しているとは限らない

  上記の初めにも書いていますが、行政では、職場の異動で相談業務に就く人が変わるケース
  もあるので、必ずしも資格や専門知識を持った人が対応してくれるとは限りません。

  例えば、育児で悩んでいるお母さんで熱心な方は育児書を何冊も読まれているので、場合
  によっては行政の相談員よりも知識が豊富な場合もあります。
  自分の知っていることを聴くことも、自分の得た知識と同じことを言ってもらえて安心できる
  という効果がありますが、悩みが深い場合はさらに深い知識と経験を持った専門家のサポート
  が必要となります。

  ただ、開業しているカウンセラーだからと言って知識が豊富だとは言えないところもあり、
  胸を張って有料でもプロのカウンセラーに相談した方がいいと言えないところが現在の
  カウンセリング業界の現状でもあります。


  自分の感情や思考が整理できていない、悩みの原因がわからない、わかっているけど現状が
  変えられない、確かな知識と経験のある人に相談したいという方は、精神医学や性格学の
  知識が豊富なカウンセラーにカウンセリングを頼まれる事をお勧めします。


  質問一覧のページへ



メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ