DV、モラハラを止めるための心理カウンセリング


     DV、パワハラを本気で止めたい方はご相談下さい。


  DV、モラハラ加害者が相談できる場所

   DV、モラハラを繰り返してしまう自分を変えたいという方のカウンセリングを
   行っています。
   自分がDVやモラハラをしている自覚があるが、感情が高ぶると同じ過ちを繰り
   返してしまうという方、妻や恋人にDV、モラハラを指摘されて改善したいと
   考えている方が相談に来られています。

   DVもモラハラも、自分の心理と感情の関係を自覚して、新しい行動パターンを
   身につけていくことが必要であり、カウンセリングで改善をサポートしたします。


   DV(ドメスティック・バイオレンス)とモラルハラスメント


      DVとモラハラを正確な名称にするとDV(ドメスティック・バイオレンス)とモラルハラスメントと言います。
      以下は、DV、モラハラと表記します。

      DVとモラハラが、夫婦関係や恋愛関係の中で生じることが多く、カウンセリングの来られている方の多くも妻や恋人との関係の
      中でDVとモラハラが問題となっています。
      DVとモラハラの改善を考える前に、まずは2つの違いについて説明したいと思います。


     DV(ドメスティック・バイオレンス)

      DVとは、身体的な暴力のことを指すと考えている方がおられますが、実は身体的暴力に加え、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力、
      社会的暴力
などがDVに当たります。

      身体的暴力は、物理的な刺激を相手に与えることによって、身体にストレスを与えることを言います。
      精神的暴力はいわゆるモラハラのことで、言葉や行為によって相手に恐怖心、不安感、不快感などを与えること、相手の尊厳を損なう
      ことを言います。
      性的暴力は、性に関する言葉、行動によって身体的、精神的に危害を与えることを言います。
      経済的暴力とは、生活費を渡さない、お金の使用に厳しい制限を与える、収入を教えない、経済的な自立を妨げるなどです。
      社会的暴力は、相手の行動、人間関係について関心を持たない、制限を与える、自由な行動させないなどです。

      DVに当てはまるものは意外と多く、そのため自分の行いがDVだという自覚を持たずに妻や恋人と接している人も少なくないのです。


     モラルハラスメント

      モラハラは、上記で説明した通り精神的暴力のことを言います。
      相手の体に直接危害を加えるわけではないので、DV以上に自分がモラハラをしていることには気づきにくいと言えます。

      モラハラは、言葉や態度、行為によって相手の尊厳を損なう行為なのですが、モラハラの被害者も最初は自分がモラハラを受けている
      と気づきにくいため、加害者はもっと気づきにくいため、気づいた時には関係の修復が難しくなっているということもあります。



   DV、モラハラをする人の心理


     DVをする人の心理的特徴としては、独占欲の強さと被害者意識があります。

     男性で女性に対してDVをする人には独占欲いので、DVが始まる前に束縛があり、その束縛に抵抗をしているうちにDVが始まると
     いうケースが多いように感じます。
     女性で男性に対してDVをする人は被害者意識が強いので、自分は傷ついている、不当に扱われたからDVに該当するようなことを
     するのは仕方がないという心理であることが多いように感じます。


     モラハラに関しては、DVと同じような心理的特徴がありつつ、一見正論のようなことを言って相手を追い詰めることによって、
     自分は決しておかしいことを言っているわけではないという感覚で自分のモラハラを正当化している傾向があります。
     そのため、客観的には矛盾していたり、論理的に成立しないことでも自信満々に主張して、相手との関係で主導権を撮ろうとしてくる
     傾向があります。

     上記のような特徴を持っている方たちには、下記のような特徴が表面化しています。


   DV、モラハラをする人の特徴


      ・自己中心的で、自分の要望が通らないと大声を出したり、ものに当たったりする。
      ・否認の心理が強いため、問題があると他人や環境にばかり原因があると言う。
      ・自分が正しいという思いが強いため、相手の意見を否定して自分の正当性を主張する。
      ・自分のことを偉いと思っていて、他人のことを否定ばかりしている。
      ・威圧的、高圧的な態度に出ることが多い。
      ・よく嘘をついて、自分が不都合なことは誤魔化そうとする。



   DV、モラハラを改善するためには


      DV、モラハラを改善するために必要なことは、まずは自分自身をよく知ることです。
      妻や恋人に言われていることを認めつつ、自分が変わっていけるように日々の生活に取り組む必要があります。

      DVやモラハラをしている人が無自覚である理由の一つが、その人の行動としてDVやモラハラが習慣化していることもあるから
      ということが言えます。
      習慣を変えるには、一時的な取り組みではなく、望ましい言動を意識的に継続することが必要です。
      そして、意識して継続した望ましい行動が、無意識にできるようになれば成長できたと言え、そのころにはDVやモラハラは必要
      がない状態になっています。

      カウンセリングでは、自分がDVやもら旗をしている自覚を強めてもらったり、その人の言い分を一旦受け止めて、感情の発生と
      行動のパターンを変えられるよう訓練していきます。





   経験豊富なカウンセラーが対応します

            心理カウンセラー蔵野まどか   多くの夫婦関係、恋愛関係の相談に対応してきた
  実績の中には、DVやモラハラの加害者の相談も
  あります。

  DV、モラハラは、ご本人が本当に改善したいと
  思って取り組むことが必要ですし、そういう姿勢
  で取り組んでいただくと日常の言動にも変化が
  現れます。

  その変化は、パートナーとの関係性の変化にも
  つながるので、DV、モラハラでお悩みの方は
  カウンセリングにお越し下さい。

  カウンセラーのプロフィール



   女性のDV、モラハラの加害者もご相談下さい。


     DV、モラハラを改善したいと相談に来られる方は男性の方が多いですが、女性も相手を叩いたり、殴ったりしてしまう。
     いつも相手を傷つける、追い込む、否定するような発言をしてしまうこともあります。
     その都度、自己嫌悪に陥るけど、感情が乱れると同じ事を繰り返してしまうという悩みをお持ちではありませんか?

     知らず知らずのうちに、女性がDV、モラハラの加害者になっているということもあるので、もし自分の行為はDVやモラハラにあたる
     かもしれないということになれば、一度カウンセリングにお越し下さい。





   カウンセリング料金


      スタッフ担当 60分コース  7000円(税込)   90分コース  10000円(税込)
      代表担当   60分コース  10000円(税込)  90分コース  13000円(税込)

      延長の場合は、10分毎 1,000円(税込)となります。
      ※料金のお支払いはカウンセリングの後になります。
      ※当日のキャンセルは、キャンセル料3,000円が発生しますので、キャンセル・予約の変更は前日までに
       お願いいたします。


   カウンセリングをご希望の方へ


      カウンセリングルームは大阪 南森町にあり、地下鉄南森町駅、JR大阪天満宮駅の改札をでて4Bという出口から地上に
      上がったところから1分もかからないところにあります。
      ご予約は、お電話またはメールでお願い致します。


     〒530-0041
     大阪市北区天神橋2-3-10 サンハイム南森町405
     TEL 06-6809-3998








このページの先頭へ