大阪でカウンセリングをご希望の方へ

公認心理師とは

心理の資格が国家資格になる

  2015年9月に書いた文章です。

  2015年9月、心理の資格が国家資格になるという法案が通ったそうです。
  その資格は、公認心理師という資格で、大学の心理学などの必要科目を修めて卒業した後
  実務経験や養成大学院で学び受験資格が得られるそうです。

  これまで心理職の国家資格は存在していなかったのですが、早ければ平成30年には
  公認心理師という心理職の国家資格が誕生するそうです。

  多くの人は、臨床心理士が国家資格だと思っていたり、国家資格になるなら臨床心理士
  だと思っていたと思いますが、おそらくいろんな事情があって公認心理師という資格が
  誕生したのだと思います。


  公認心理師の資格所有者が増えていくことによって現在のカウンセリング業界はどんな風
  に変わっていくのでしょうか?
  そんなことについても私なりに考えをまとめたいと思います。


公認心理師と臨床心理士の違いについて

公認心理師は国家資格だが、臨床心理士は国家資格ではない

  臨床心理士は、文部科学省が管轄していますが、あくまで民間資格なのです。
  これは大きな枠組みではさまざまな心理、カウンセリング関係の協会が発行している
  公認のカウンセラー資格と同じということになります。

  ただ、他の民間のカウンセラー資格に比べると文部科学省が管轄しているために、病院
  や学校での採用には圧倒的有利であり、社会的な認知度も高い資格であることは間違い
  ありません。

  しかし公認心理師が国家資格になるということは、これからの臨床心理士の位置づけが
  どうなっていくのか、就職の際の優位性が維持されるのかという点については厳しいかも
  しれません。
  ちなみに公認心理師は文部科学省と厚生労働省が共同で管轄するそうです。

  さらに下記ような違いがあります。

公認心理師は、資格の更新の必要がないが、臨床心理士は資格の更新が必要

  臨床心理士は、一度資格試験に合格しても更新制度があるので、場合によっては資格を失う
  可能性がありますが、公認心理師は一度資格を取得すれば一生持っていられるようです。

公認心理師は、医師から指示、指導を受ける立場、臨床心理士は連携、協力という関係

  公認心理師は、あくまで医者のもとで指示、指導を受けながら臨床をしていくという形
  になるようです。
  それに対して臨床心理士は、医師とは連携、協力という関係性なので独立した活動が
  可能であると言えます。

  この違いから感じることは、今後、学校と医療の分野では、公認心理師を積極的に採用して
  いこうという意図があるということです。


  現段階では、上記のような違いが分かっていますが、実際に公認心理師を取得して働き
  始める人が出てきたら、いろいろな影響が臨床心理士の方たちの仕事に現れる可能性が
  あります。


カウンセリング業界への影響

  公認心理師という国家資格が誕生することで、カウンセリング業界にはどのような影響
  が出るのだろうか、ということは、臨床心理士の方も各協会の認定カウンセラー、その他
  カウンセリングに関する資格を持っておられる方は気になるところだと思います。

  このページでは、私なりに推測していることを書きたいと思います。


学校、病院で働くカウンセラーへの影響

  まず、大きな影響が出るのは、学校と病院のカウンセリング事情だと思います。
  現在は文部科学省が認めている臨床心理士が、学校と病院という現場で活躍していますが、
  公認心理師は、文部科学省と厚生労働省が共同で管轄する資格であり、国家資格であると
  いうことを考えると、学校でも病院でも公認心理師が優先的に採用されるの可能性は高い
  と考えられます。

  公認心理師は、医師の指示、指導を必要とする資格であるということからも、医師の立場
  からすると臨床心理師よりも公認心理師の方を採用たいと思うのではないかと思うのです。

  そのため、現在臨床心理士でスクールカウンセラーや病院の相談業務を担当している方
  には厳しい状況が訪れるかもしれません。

  今後の臨床心理士という資格の位置づけがどうなるのかは気になるポイントです。


開業カウンセラーへの影響

  開業カウンセリングの分野では、公認心理師が誕生することによる影響は少ないのでは
  ないかと思っています。
  もちろん、長い目で見ると影響してくるかもしれませんが、学校や病院に比べると少ない
  可能性があります。

  それは、現在カウンセリング業界では、臨床心理士は権威のある資格とされていますが、
  臨床心理士で開業カウンセラーとして十分な生計を立てている方は少ないからです。
  もし、権威ある資格を持っているだけでカウンセリングルームが運営できるのであれば、
  現時点で開業カウンセラーの世界は多くの臨床心理士が活躍していると思います。

  臨床心理士は、資格取得にそれなりの勉強量を必要としており、臨床心理に関する知識
  を多く習得していると考えられますが、それとカウンセリングルームを運営できる能力
  は別物です。
  また、カウンセリングの実践の現場に長くいると、どのような資格を取ったとしても
  実践の現場に入ってからの方が多くのことを学び続けなければならないことがわかります。


  そのため、開業カウンセラーを続けていくためには、経営のノウハウ、カウンセラーと
  しての実力、学び続ける姿勢、そして運も必要なので、公認心理師を持っているという
  だけではカウンセリングルームを運営することは難しいと考えています。

  そのため、開業カウンセリングの分野には、公認心理師誕生の影響は少ないし、影響が
  出るにも時間が掛かるのではないかと考えています。


カウンセラーーについて

  カウンセラーが必要な社会とは    カウンセラーの役割     プロとして働くために
  カウンセラーに必要な知識      精神医学の知識が必要性
  カウンセラーの資格         公認心理師とは  

カウンセラー志望者、カウンセラーのサポート

  教育分析   スーパーバイズ   コンサルティング



メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・相談実績    ・営業時間    ・アクセス


このページの先頭へ