なぜ、心の病、心の悩みが生まれるのか?

心の病、心の悩みの3つの原因

  心の病、悩みの原因は大きく分けると、3つに分けることができます。
  その3つとは、『脳のストレス耐性』、『幼少期の体験』、『現在の環境』です。
  これらのいずれか、もしくは複数が原因となり、心の病や問題行動を引き起こすのです。


脳のストレス耐性

  脳のストレス耐性とは、脳を感じやすいかどうかということと、ストレスに対して強いか
  どうかということです。
  ストレスを感じやすい人は、当然ストレスが蓄積されていっていることを自覚しやすいの
  ですが、脳が強ければストレスによる病や問題行動は表れにくいといえます。
  しかし、ストレスに弱いとストレスの影響を受けて生じる症状や行動が表れやすいと言えます。

  ストレスに弱いということは、脳内の神経伝達物質の働きが、ストレスの影響で乱れやすい
  ということです。
  ストレスを自覚しやすい人は、うつ病などの心の病になりやすく、ストレスを自覚しにくい
  人は依存症になりやすかったり、問題行動を起こしやすいと言えます。

幼少期の体験

  理由は何であれ、幼少期に両親からの愛情不足を感じて、その思いが満たされないまま大人
  になった人は、自己肯定感が低かったり、自分の思いを上手く表現できなかったり、感情の
  コントロールが苦手だったりと、ストレスを抱えやすい性格や思考、行動パターンが身に
  ついてしまっています。

  さらに、現在からはかけ離れた時間の出来事が影響しているので、幼少期の体験が精神的な
  不調や人間関係に影響していると気がつく人は少なく、カウンセリング通うことではじめて
  幼少期の体験と現在の悩みが関係がることが分かったという人は多いです。

現在の環境

  家庭や職場など、現在の生活環境のストレス要因が高ければ、精神的な不調を招きやすく
  なります。
  人は精神的な不調に陥った時、環境に問題がある場合でも 『悪いのは自分だ』 と思って
  しまい、ストレスの原因を特定できないまま悩み続けるということがあります。
  特に責任感が強く、まじめな人ほどこの傾向が強いと言えます。


悩みの解決は的確なアプローチが必要

  カウンセラーは話を聴くことで、心の病や悩み、問題行動の原因には、どのような原因が
  あって、どの点に焦点を当てて話したり、改善に取り組めばいいかということがわかります。
  それを、話をしていく中で自然に意識してもらったり、直接アドバイスをしたりしながら
  悩みの解決に繋げていくのです。

  一人で悩んでいると、自分が悩んでいる原因が不明確なまま、悩みながら問題の本質から
  離れて行ってしまうので、悩みが余計深くなってしまい、それが続くと体調にまで影響が
  出てくるのです。
  そうならないためにも、不調を自覚したらお早めに相談していただくのがいいかと思います。

  カウンセラーに相談することは、専門的な視点と考え方を借りて悩みを解決していくこと
  でもあるので、カウンセリングは、自分の抱えている悩みをカウンセラーというパートナー
  と一緒に解決していくものだとお考え下さい。

  心の病も、行動や人間関係の悩みも、形の見えないものなので専門的な知識を持って解決を
  考えていけるカウンセラーのサポートを受けていただければと思っております。






このページの先頭へ