大阪でカウンセリングをご希望の方へ

心の弱さを克服したい方へ

弱さを自覚していることが大切

  カウンセリングには、自分が弱い人間であると思いたくない、自分は弱くないという思い
  からストレスに耐え続け、その結果状況が悪化してから相談に来られるというケースが
  ほとんどです。
  もう少し早い段階で来ていただければ、改善までの時間も短くて済んだのにとか、現状が
  これほどまで悪くなっていなかったのにと思うケースが多いのです。

  人間は弱いということは決して恥ずかしいことでも、他人より劣っているということでも
  ありません。
  人は性格によって、ストレスに感じること、ストレス耐性などに個人差があったり、成育歴
  によってストレスに対する反応が偏ったり、パニックになってしまうことがらもあります。

  大切なことは、強いか弱いかということではなく、基本弱さは誰もが持っているので、
  その弱さを自覚しているかということです。


  どんなストレスに弱いか、またストレスが蓄積し始めると、精神、身体、行動に異常が
  出始めるので、自分の場合はストレスの初期段階にどんな異常が出るかは知っておいた方が
  いいのです。

  カウンセリングを受けると、自分がどんなストレスに弱いか、どんな異常が出るかわかって
  くるので、ストレスと上手に付き合っていく術を学ぶこともでき、結果的にストレスに柔軟な
  心と行動を手に入れることができます。
  大切なのは、弱さを自覚して柔軟さを身に着けることなのです。


過度な現実逃避が問題

  弱いということではなく、弱さを自覚していないこと、その上で現実逃避をし続けてしまう
  ことが問題です。
  心の弱さを自覚していない人は、過度な現実逃避をしてしまう傾向があります。

  現実逃避とは、現実の大切なこと、向き合うべき人から目を背けて、楽なことや快楽に身を
  投じてしまうことで、過剰になってしまうと、健康、金銭、人間関係に大きなダメージを
  生んでしまい、社会生活がままならなくなってしまいます。

  時々、自分の気持ちを休めるため、気持ちを切る変えるための適度な現実逃避は必要ですが、
  現実逃避が日常化しないように気を付けていただきたいと思います。


生きるために必要なのは適応能力

  生きていく上で大切なことは、弱さを自覚して柔軟さを身に着けることだと上記で述べて
  きましたが、人間だけでなく生物の歴史がそれを証明しています。

  地球の歴史上、生物が進化を続け生き残ってきたのは、生命の持つ適者生存の能力です。
  適者生存とは、環境に対して生物が時間をかけて変化を繰り返し、その環境に適応して
  生き残っていくための能力で、これは大自然からすると生物というものは、ある意味『弱者』
  であり、弱いからこそ柔軟に適応する術を持って生き残ってきたのです。

  この生き残ってきた生物の中に人間もいて、人として社会の中で生きていくためには生物
  の適者生存の手段のように、人間も環境に対して耐えるだけではなく、柔軟に対処していく
  ことが健康に生きていくために必要なことなのです。


  例えば、誰かを頼ったり、能力を磨いたり、助けを求めたり、時にはカウンセリングを
  はじめとするケアを受けたりと、自分が生活している環境に上手に適応していくための
  選択肢は無数にあります。
  環境に対しえ耐えるばかりでなく、選択肢を駆使して柔軟に適応することが望ましいのです。

  弱さを恥ずかしがったり、隠したりするのではなく、認めて対処することが環境への適応に
  繋がり、柔軟に生きていく上に必要なことです。
  それが、健康、家庭、財産、仕事、人間関係などを守り、人生を豊かに生きることに
  つながるのです。




メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・営業時間    ・アクセス


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー   ・心の闇とは  ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害  ・カウンセリングルームの評判
  ・子供ことでカウンセリングを受けるのは誰?  ・適応能力の必要性
  ・自分のことが嫌いだという心理  ・本当の自分について考えるための手掛かり
  ・自分の世界観を広げるための習慣  ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・マインドコントロール と孤独  ・サザエさん症候群と出社拒否  ・夫の帰宅恐怖症
  ・五月病の原因と対策  ・無気力症候群からの回復  ・電車が怖い、電車に乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・頭痛が続いて頭が重い
  ・叫びたい気持ちになることがある  ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?  ・便所めし|ランチメイト症候群
  ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症  ・女性が怖い、男性が怖いという悩み
  ・吃音が出て人と話すのが怖い  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い
  ・嘘つきの心理と虚言癖の改善  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと
  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?   ・ボーっとする習慣が心と体を守る

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理  ・夫が話を聴いてくれないとお悩みの方へ
  ・恋愛に影響している性格と性別の違い  ・自分のことを好きになる
  ・心は察してもらうものではなく、伝えるもの  ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・彼氏、好きな男性の気持ちが知りたい  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない
  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ  ・結婚できない女性の心理的要因
  ・もしかしてセックス依存症かもしれない  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症
  ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ