大阪でカウンセリングをご希望の方へ

カウンセラーを仕事にしていくために

資格とはパスポートのようなもの

  私は、カウンセラー資格はもちろん、その他の資格も一種のパスポートのようなものだと
  思っています。
  そのパスポートには何かしらの権利があって、その権利に見合った世界に踏み込むことが
  できるという認識です。

  例えば、医師免許なら、入ろうという現場に踏み込めることができ、患者に対して医者しか
  できないアプローチがあるので、そのアプローチによって医者にしか得ることのできない
  経験があります。


  カウンセラーという職業に関する資格でいうと、現在(2016年9月現在)のところ
  臨床心理士が一番権威の高い資格です。
  それは臨床心理士が他のカウンセラー資格と同様の民間資格でありながら、文科省が認定
  している資格だからです。
  そのため、学校のスクールカウンセラーや精神科でのカウンセリングを担当する場合には、
  臨床心理士を持っていた方が採用される可能性が高くなるからです。

  臨床心理士というパスポートは、カウンセリングを仕事にする上で、多くの現場に関われる
  可能性は高く、その点では他の民間資格のカウンセラー資格よりは有力な資格であると言え
  ます。


資格と実力は別

  ただ、資格というものは、一定の領域に入っていける権限なので、カウンセリングの実力の
  高さを保障してくれるものではありません。

  臨床心理士を持っている方カウンセリングが上手いわけではなく、資格を持っていない人
  でも傾聴だけを取ればカウンセラーよりも上手い人がいたりもします。
  もちろん、臨床心理士は資格取得のために大学院を出なければならないので、それなりの
  勉強量は必要なので知識の豊富さでは他の資格よりは信頼できるかもしません。

  ただ、どの資格でもプロとして働く以上は、勉強の継続は必要であり、資格取得の際に得た
  知識量だけでは対処できません。


  カウンセラーの実力は、資格だけで測れるものではないので、臨床心理士をはじめ資格を
  持っているからということで開業しても上手くいかない人がたくさんいるのです。


カウンセラーを仕事にしていくには信用が必要

  資格取得は勤勉さがあれば可能かもしれませんが、資格を有して仕事としてやっていくと
  いう場合は信用を得るための要素が必要になります。

  それは、まずは誠実であること。
  これが土台として備わっていないとさまざまな知識や技術があっても仕事としては上手く
  行きません。

  実力があること。
  カウンセラーとして、悩みを抱えた方の援助を行っていく技術が必要です。
  知識も重要ですが、知識を持って適切な援助を行うにはコミュニケーション能力が求め
  られます。
  しかし、そんなことは資格取得の際に教えてはもらえません。
  自分の知識と技術を伸ばす努力と、その知識と技術を確かな援助を行っていくための
  コミュニケーション能力がカウンセラーの実力になります。

  マーケティング能力があること。
  ホームページやブログを使って、自分がどのような活動をしているのか、どのような
  知識や技術があるのか、どれほどの実績があるのかをアピールして多くの人に自分の
  ことを知ってもらわなければなりません。
  待っていても自分のことは世間に知ってもらうことはできないので、しっかりとマーケ
  ティングを行うことも信用を高める要素です。


  上記のことを総合して、自分自身とサービスの信用を高めることがカウンセラーとして
  仕事を継続することにつながります。
  資格は、その業界で働くためのパスポートなので、それ以上に信用を得るための努力が
  なければ仕事として継続していくことは難しいのです。




  心の成長の秘密は生まれつき性格にある
      ↓


       



  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー   ・心の闇とは  ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害  ・カウンセリングルームの評判
  ・子供ことでカウンセリングを受けるのは誰?  ・適応能力の必要性
  ・自分のことが嫌いだという心理  ・本当の自分について考えるための手掛かり
  ・自分の世界観を広げるための習慣  ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・マインドコントロール と孤独  ・サザエさん症候群と出社拒否  ・夫の帰宅恐怖症
  ・五月病の原因と対策  ・無気力症候群からの回復  ・電車が怖い、電車に乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・頭痛が続いて頭が重い
  ・叫びたい気持ちになることがある  ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?  ・便所めし|ランチメイト症候群
  ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症  ・女性が怖い、男性が怖いという悩み
  ・吃音が出て人と話すのが怖い  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い
  ・嘘つきの心理と虚言癖の改善  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと
  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理  ・夫が話を聴いてくれないとお悩みの方へ
  ・恋愛に影響している性格と性別の違い  ・自分のことを好きになる
  ・心は察してもらうものではなく、伝えるもの  ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・彼氏、好きな男性の気持ちが知りたい  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない
  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ  ・結婚できない女性の心理的要因
  ・もしかしてセックス依存症かもしれない  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症
  ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所






このページの先頭へ