女性の恋愛の悩み

彼氏、男性の気持ちがわからない

  恋愛をしていて付き合っている彼氏や好きな男性の気持ちがわからなくなって、相手の
  気持ちが知りたいと思うようになってきた時は、その恋愛、相手について深く考えてみる
  ための機会かも知れません。

  私たちはカウンセリングでたくさんの恋愛の相談を受けていますが、多くの方が悩みが
  かなり深くなってから相談に来られます。
  おそらく、そこまで悩みが大きく、深くなる前に気づくタイミングはあったと思いますが、


  彼氏や好きな男性のと関係の中で、「なんでだろう」、「どうしてだろう」と思うことが
  増えてきて、相手の気持ちを知りたい、先のことが知りたいとネットで検索してみたり、
  占いに行くなどしている方が多いようです。
  そこでたまたま良い情報が得られて状況が好転することもまれにあるかもしれませんが、
  多くの場合は何も解決せず、ゆっくりと問題は大きく、深くなっていきます。


過度な想像が自分を追い込んでしまう

  カウンセリングで、男性の気持ちがわからないという女性の相談を受けていて感じることは、
  男性の言葉としてははっきりとした意思表示が出ていないけど、態度や曖昧な言葉、素直
  ではない言葉の中には、本心が見え隠れしているということは感じます。

  まずは、その見え隠れしている部分だけに焦点を当てて、そこから推測できることだけを
  想像して男性のことを考えるといいと思うのですが、恋愛の悩みが体調の悪さ、精神状態の
  不安定さに出ている人は、過剰に想像を膨らませすぎた上で自分を責めたり、追い込むような
  予測ばかりをしてしまって疲れてしまっているという傾向が見受けられます。

  過度な想像は、相手への過剰な怒りになったり、反対に距離を置く原因になってしまいます。
  自分の中で相手に対する想像を膨らませすぎると、相手からの小さなサインも見逃す恐れも
  出てきます。

  自分だけではどうしても同じ思考回路になってしまうという人は、カウンセラーに相談して
  みてはいかがでしょうか。


男性の態度に「なんでだろう」、「どうしてだろう」と思ったら・・・

  彼氏や好きな男性の態度に「なんでだろう」、「どうしてだろう」と思ったら、まずは
  カウンセラーに相談するのも手段の一つだと思います。
  恋愛の悩みも、早い段階であれば解決に労力、精神的疲労、金銭的負担も少なくなります。

  カウンセリングをしていると、「もう少し早い段階で来ていたら、辛い思いも少なく解決
  できただろうな」と感じる相談内容が少なくありません。

  恋愛は、疑問に感じることがあっても相手をよく思いたい、信じたいという言持ちが現実
  から目を背けさせたり、自分が望まない答え以外を受け付けないようにしてしまうことが
  あります。

  そのため、悩みも大きく、深くなりやすいので、疑問が生まれ始めた時にじっくりと話を
  聴いて悩みに応えてくれるカウンセラーに相談することをおすすめします。


  別れられない・・・恋愛依存症は克服できる




  ・トップページへ 


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー      ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害      ・カウンセリングルームの評判
  ・自分の世界観を広げるための習慣   ・カウンセラー資格と仕事
  ・カウンセラーの種類

  子育て、親子関係

  ・アダルトチルドレン         ・親に反抗できなかったという方へ
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか? ・親を好きになれない、大切にでいない

  心の病、心の問題

  ・夫の帰宅恐怖症            ・電車が怖くて乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・インターネットで買い物依存症が増加
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖い    ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・顔が赤くのが恥ずかしい赤面恐怖症   ・嘘つきの心理と虚言癖の改善
  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?
  ・占い依存から抜け出したい       ・キレてしまう人の心理

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理 ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ
  ・結婚できない女性の心理的要因      ・もしかしてセックス依存症かもしれない
  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症   ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ