女性の恋愛の悩み

彼氏、男性の気持ちがわからない

  恋愛をしていて付き合っている彼氏や好きな男性の気持ちがわからなくなって、相手の
  気持ちが知りたいと思うようになってきた時は、その恋愛、相手について深く考えてみる
  ための機会かも知れません。

  私たちはカウンセリングでたくさんの恋愛の相談を受けていますが、多くの方が悩みが
  かなり深くなってから相談に来られます。
  おそらく、そこまで悩みが大きく、深くなる前に気づくタイミングはあったと思いますが、
  

  彼氏や好きな男性のと関係の中で、「なんでだろう」、「どうしてだろう」と思うことが
  増えてきて、相手の気持ちを知りたい、先のことが知りたいとネットで検索してみたり、
  占いに行くなどしている方が多いようです。
  そこでたまたま良い情報が得られて状況が好転することもまれにあるかもしれませんが、
  多くの場合は何も解決せず、ゆっくりと問題は大きく、深くなっていきます。


男性の態度に「なんでだろう」、「どうしてだろう」と思ったら・・・

  彼氏や好きな男性の態度に「なんでだろう」、「どうしてだろう」と思ったら、まずは
  カウンセラーに相談するのも手段の一つだと思います。
  恋愛の悩みも、早い段階であれば解決に労力、精神的疲労、金銭的負担も少なくなります。

  カウンセリングをしていると、「もう少し早い段階で来ていたら、辛い思いも少なく解決
  できただろうな」と感じる相談内容が少なくありません。

  恋愛は、疑問に感じることがあっても相手をよく思いたい、信じたいという言持ちが現実
  から目を背けさせたり、自分が望まない答え以外を受け付けないようにしてしまうことが
  あります。

  そのため、悩みも大きく、深くなりやすいので、疑問が生まれ始めた時にじっくりと話を
  聴いて悩みに応えてくれるカウンセラーに相談することをおすすめします。


  別れられない・・・恋愛依存症は克服できる




メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・営業時間    ・アクセス


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー   ・心の闇とは  ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害  ・カウンセリングルームの評判
  ・子供ことでカウンセリングを受けるのは誰?  ・適応能力の必要性
  ・自分のことが嫌いだという心理  ・本当の自分について考えるための手掛かり
  ・自分の世界観を広げるための習慣  ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・マインドコントロール と孤独  ・サザエさん症候群と出社拒否  ・夫の帰宅恐怖症
  ・五月病の原因と対策  ・無気力症候群からの回復  ・電車が怖い、電車に乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・頭痛が続いて頭が重い
  ・叫びたい気持ちになることがある  ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?  ・便所めし|ランチメイト症候群
  ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症  ・女性が怖い、男性が怖いという悩み
  ・吃音が出て人と話すのが怖い  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い
  ・嘘つきの心理と虚言癖の改善  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと
  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?   ・ボーっとする習慣が心と体を守る
  ・占い依存から抜け出したい

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理  ・夫が話を聴いてくれないとお悩みの方へ
  ・恋愛に影響している性格と性別の違い  ・自分のことを好きになる
  ・心は察してもらうものではなく、伝えるもの  ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・彼氏、好きな男性の気持ちが知りたい  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない
  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ  ・結婚できない女性の心理的要因
  ・もしかしてセックス依存症かもしれない  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症
  ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ