吃音が気になって人とあるのが怖い

上手く話せないことをどう思われているか不安

  「き、き、き、き、き、今日は・・・」、「きーょうは」、「・・・今日は」という風に
  話し始める時に最初の文字を連呼してしまう、最初の文字を伸ばしてしまう、最初の文字が
  でてこないという話し方になってしまうという方がおられます。
  これらは吃音症の特徴的な症状であり、対人関係の悩みにもなります。

  カウンセリングにも、吃音を改善したいということで相談に来られる方がおられますが、
  吃音に関しては下記のことを認識しておくことが大切です。


吃音症の種類

  実は吃音症には2つのタイプがあります。
  1つは、発達性吃音といって、2歳~5歳くらいの幼児期に発症するもので、吃音症の9割は
  発達性吃音だと言われています。

  もう一つは、獲得性吃音といって、何らかの原因で脳の中枢神経が傷を負って発症する場合と
  ストレスを受けたり、過去のトラウマがあることで生じる場合があります。
  獲得性吃音の発症は、どちらの場合でも10代以降が多いと言われています。


  発達性吃音に関しては、幼少期に発生して成人になるまでに自然に治ることが多く、大人に
  なってからも残っている可能性は1%ほどのようです。

  吃音症で悩んでいるとカウンセリングに来られるケースは、基本的には獲得性吃音の方です。
  ある年齢まで大丈夫だったのに、話すとどもるようになって来て人と話すことが怖くなって、
  自分に自信も持てなくなったということで相談に来られることが多いです。
  相談に来られるのは、高校生から40歳までの方が多いです。
  男女比でいうと5:1くらいです。


吃音症のためのストレスケアと受け入れる訓練

  吃音症の原因がストレスやトラウマの場合、ストレスのケアが重要になります。
  ストレスが原因で吃音になって、吃音であることに悩むからさらにストレスが掛かって吃音
  が改善しないという悪循環に陥っている方が多いので、吃音になった経緯を聴いたりして、
  ストレスのケアを行っていきます。
  自分が人に知られたくない、人にどう思われているのだろうと不安になっていることを安心
  して話せる場所があるということ自体がストレスケアとして効果があります。

  更に吃音症の改善には、吃音が出ないようにするということだけに囚われるのはなく、吃音
  があっても大丈夫だという認識も高めていくことが、結果的に吃音が少なくなったり、出なく
  なったりすることにもつながります。
  それは、吃音を過剰に恐れていると原因であるストレスを生んでしまうからです。

  吃音で悩んでいてカウンセリングを受けようかと思っている方は、ストレスのケアと吃音の
  受け入れという両方から改善を試みるという認識を持っておくといいでしょう。


子どもの吃音症で悩む方へのアドバイス

  吃音の相談は、ご本人だけでなく親御様が来られることも多いです。
  お子さんの年齢は主に幼稚園から小学生です。
  親御様には主に下記のようなアドバイスをさせて頂いています。

  ・親が子供に話しかける時には、ゆっくりと話すことが大切
  ・親は子どもが話し終わってから、一呼吸おいてから話し始める
  ・親は子どもが話している時に吃音が出ても、指摘せず、遮らずに最後まで話を聞く
  ・子どものスケジュールを塾や習い事で埋めすぎないようにする
  ・毎日親と子どもが一対一で関わる時間を持ち、安心感を与えてあげる



  お子さんが吃音で悩んでいるという方は、上記のような取組みをしていただくといいかと思う
  のですが、取組みを継続するには親の心の余裕が必要ですので、取り組みを行いつつお子さん
  の様子を話したり、自分の苦労を話して心の余裕を作るためにカウンセリングを活用している
  からもおられます。




メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・営業時間    ・アクセス


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー   ・心の闇とは  ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害  ・カウンセリングルームの評判
  ・子供ことでカウンセリングを受けるのは誰?  ・適応能力の必要性
  ・自分のことが嫌いだという心理  ・本当の自分について考えるための手掛かり
  ・自分の世界観を広げるための習慣  ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・マインドコントロール と孤独  ・サザエさん症候群と出社拒否  ・夫の帰宅恐怖症
  ・五月病の原因と対策  ・無気力症候群からの回復  ・電車が怖い、電車に乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・頭痛が続いて頭が重い
  ・叫びたい気持ちになることがある  ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?  ・便所めし|ランチメイト症候群
  ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症  ・女性が怖い、男性が怖いという悩み
  ・吃音が出て人と話すのが怖い  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い
  ・嘘つきの心理と虚言癖の改善  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと
  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?   ・ボーっとする習慣が心と体を守る

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理  ・夫が話を聴いてくれないとお悩みの方へ
  ・恋愛に影響している性格と性別の違い  ・自分のことを好きになる
  ・心は察してもらうものではなく、伝えるもの  ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・彼氏、好きな男性の気持ちが知りたい  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない
  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ  ・結婚できない女性の心理的要因
  ・もしかしてセックス依存症かもしれない  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症
  ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ