大阪でカウンセリングをご希望の方へ

自信を持てるようになるために

自信とは過去への肯定感

  カウンセリングに来られる方の多くは、はじめての来談の際には、何らかの理由で自信を
  無くされていることが多いと言えます。
  それは、近い過去に起きた出来事が原因の場合もあれば、幼少期から自己肯定力が養われて
  いないことが原因である場合などさまざまです。

  よくスポーツなどの指導の場面では、「自信を持て」と、コーチが選手に声を掛ける場合
  があります。
  カウンセリングの場面では、基本的に安易にその言葉を使うことはありませんが、その言葉
  が確実に必要と感じた時は、稀に使っていることもあります。
  ただ、どんな場面でその言葉を掛けるにしても、『自信とは何なのか』ということが不明確
  では意味がなく、自信が持つためにどうしたらいいかを教えることはできません。

  では、自信とは何なのかという事なのだが、1つは自分の過去に対する理解と肯定です
  人間の記憶というものは曖昧で、過去の事は事実よりもその時の感情体験を強く記憶して
  います。
  そのため、辛い過去があり、それを認めたくないという心理が働いていると、その過去に
  対する理解は歪むし、受け入れることができないのです。


過去をどうとらえるか

  よく、過去に成し遂げた勉強やスポーツの成果が自信になる思われているが、これらは確か
  に自信にはなるのですが、それだけに依存していると、その成果をもとに評価している
  自分像が崩れた時に、自信も脆く崩れてしまいます。

  自信を持つということは、辛い過去や苦しい思い出に対する理解が、
  「あんな事が合って嫌だった」とか、「自分の過去の苦しみは全て自分が悪い」、
  または「自分の人生は他人のせいでこうなった」と理解するのではなく、
  「自分の過去には、辛い事や苦しい事があった。 
  でも、自分は今こうしてここにいることが出来ている」
  と自分の過去も今も肯定することなのです。。


  人には、なかなか受け入れられない過去があるのも事実ですが、それでも自信を持っている
  人は、「自分は、自分の人生をあきらめずに生き抜いてきた」というような感覚を持って
  いるように思います。

  「自分は、過去をどう考えても自信なんか持てない」という人は、今からでも遅くはなく、
  何か小さなことでも自分で決めてやり抜く事で、少しづつ自信はついてくる。
  自分にできそうなことを、無理のない期間を決めて、その期間やり抜くということを
  続けてみましょう。

  そして、自分の頑張りを話した時、それを褒めてくれる存在がいると、頑張れるし自信も
  つきやすいのです。
  それは、自分を構築するためのもう一つの要因が、他人だからだです。
  他人に認めてもらう、他人に必要とされる、同じ目的を持って行動できる仲間がいる、など、
  人は他人の存在があるからこそ、自分の存在を意識し確認できます。

  自分の体験を語れる人がいること、自分を理解してもらえること、そして自分も他人の体験 
  を聴き、理解するというようなことを通じて人と繋がっていくこと、などが自信を高めて
  くれるのです。


  実は、カウンセリングというものは、実際の生活の中で人と上記のような関係を築くための
  練習の場でもあるし、無理のない距離感で人と関わるための力を養う場でもあります。

  人が生きていく上で『自信』は必要なものですが、自分が何かを続けてきた、成し遂げた
  という自己確認とそれを誰かに認めてもらえた、喜びを共有できたという関係性の中での
  体験と、その二つがバランスよく自分の中に存在していることが、安定した自信を持って
  いるということだと思います。



  カウンセラーが書いた性格学の本。
  生まれつき性格について詳しく知りたい方はこちら
      ↓

    


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー   ・心の闇とは  ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害  ・カウンセリングルームの評判
  ・子供ことでカウンセリングを受けるのは誰?  ・適応能力の必要性
  ・自分のことが嫌いだという心理  ・本当の自分について考えるための手掛かり
  ・自分の世界観を広げるための習慣  ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・マインドコントロール と孤独  ・サザエさん症候群と出社拒否  ・夫の帰宅恐怖症
  ・五月病の原因と対策  ・無気力症候群からの回復  ・電車が怖い、電車に乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・頭痛が続いて頭が重い
  ・叫びたい気持ちになることがある  ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?  ・便所めし|ランチメイト症候群
  ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症  ・女性が怖い、男性が怖いという悩み
  ・吃音が出て人と話すのが怖い  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い
  ・嘘つきの心理と虚言癖の改善  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと
  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理  ・夫が話を聴いてくれないとお悩みの方へ
  ・恋愛に影響している性格と性別の違い  ・自分のことを好きになる
  ・心は察してもらうものではなく、伝えるもの  ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・彼氏、好きな男性の気持ちが知りたい  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない
  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ  ・結婚できない女性の心理的要因
  ・もしかしてセックス依存症かもしれない  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症
  ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所






このページの先頭へ