心の病とアイデンティティー

自分なりの自信を持てるように

  カウンセリングをしていて、人の持つアイデンティティーと心の病には深い関係があると
  感じるようになりました。
  アイデンティティーは、『環境や時間が変わっても、変わる事がない自分という存在の根本』
  のようなもののことで、自分という人間のアイデンティティーを意識して生きている人は
  少ないと思います。

  それは、特に意識しなくても、人には家族、職場、地域の中での役割があり、役割を演じて
  いることで改めて自分のアイデンティティーを強く意識しなくてもいいからなのです。

  私たちは、無意識に役割を演じながら日々を送れている時は、自分の人生に疑問を持つこと
  もないのですが、何かのきっかけで自分の役割に疑問を持ち始めると、漠然とした悩みや不安
  を抱えるようになります。
  これは社会の中での自己の存在感の揺らぎでもあるのですが、この揺らぎが生じてもそれを
  自覚することは難しく、いつの間にか下記のような形で表面化してくるのです。

  ・仕事や家事への関心ややる気が無くなる。
  ・漠然とした不安感が強まっていく。
  ・自分の人生に疑問を感じ始める。
  ・仕事に依存して、健康や家庭を省みず働くようになる。
  ・物事への執着が強くなり、盲目的になる。
  ・子育てが辛く感じるようになる。
  ・子どもにイライラをぶつけてしまう。
  ・恋愛で相手に依存しはじめ、それ以外の事がどうでもよくなる。
             ↓
   このような状態が長く続くと、心の病へと繋がっていく事もある。



特定の人間関係への依存とアイデンティティー

  自分のアイデンティティーが、現在の人間関係で発生している役割のみに依存していると、
  そこに対する疑問が感じられずその役割に没頭してしまう反面、心は疲弊していたり、
  依存対象の言動により心が不安定になりやすくなります。

  例えば、恋愛で相手がいないと生きていけないと思うこと、親から自立したいが距離をとる
  ことが不安に思うこと、友人が自分以外の人と仲良くすると不安になる
、という感覚を持って
  いる人は、現在の人間関係のみに依存している形だと言えます。

  しかし、現在の生活の中だけでの役割ではなく、人生の中でさまざまな人との関係を築き、
  その時々の人間関係で一定の信頼関係を築くことができてきた人は、アイデンティティーも
  安定していると感じます。

  アイデンティティーは、例えば、どこの国、どの地域、どの家に生まれたという出生に関する
  意識に始まり、親にどんなメッセージをもらいながら育ったかということ、勉強、スポーツ、
  芸術など、自分が習得したものへの自信、成長の中で築いてきた人間関係などが積み重なって
  確立されていると安定したものになります。

  しかし、自己の根幹となるアイデンティティーが弱い場合、現在の役割に依存した形で自己の
  存在感を保っていると、その関係が揺らぐと悩みを抱えやすく、それが継続する事により
  抑うつ状態になり、そこからうつ、不安神経症、依存症などの心の病を抱えるようになって
  しまうのです。


アイデンティティーを安定させる工夫

  おそらく、過去から自分のアイデンティティーがしっかりと順序良く確立されてきたと
  いう人は少数でしょう。
  そういった意味で、世の中の誰もが抑うつ状態になる可能性があり、その先の心の病も誰
  でもなる可能性があるし、人間は大なり小なり何らかの偏りを持って生きている事が自然
  だとも思います。

  ただ、その偏りが大きくなりすぎて、自分の日常に問題を生む事があるので、問題が大きく
  なる前に改善したり、問題を生まないよう予防するためにも、自分を省みる習慣を持つ事
  大切だと思います。

  また、自分のアイデンティティーを、仕事、家庭、恋愛など一つの役割に偏らせるのでは
  なく、それぞれの環境に上手に分散して意識しておく事も、上記のような悩みや行動を起こり
  にくくするための方法です。



大阪のカウンセリングオフィスAXIAへの予約


  ・トップページへ 


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー      ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害      ・カウンセリングルームの評判
  ・自分の世界観を広げるための習慣   ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・夫の帰宅恐怖症    ・電車が怖くて乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?    ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症
  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い    ・嘘つきの心理と虚言癖の改善
  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?
  ・占い依存から抜け出したい     ・キレてしまう人の心理

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理 ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ
  ・結婚できない女性の心理的要因      ・もしかしてセックス依存症かもしれない
  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症   ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ