大阪でカウンセリングをご希望の方へ

五月病はカウンセラーにご相談ください

カウンセラーの勧める五月病対策とは

  ゴールデンウィーク前後から、無気力や憂うつ感、焦燥感、不安などに襲われたり、自尊心
  が低下してしまい会社や学校を休みがちになる、いくのが怖くなる状態を五月病といいます。
  ただ、五月病というのは医学的な病名ではなく、五月の前後に精神的な不調をきたす人が
  多いということから、その状態をさして使われるようになった名称です。

  五月には精神的に不調になる人が多いということは、このページを見られている方の中にも、
  自分は五月病なんじゃないかと思っておられるかもしれません。
  もし、そうだとしたら、このページをよく読んでみてください。


  精神的な不調は、わけのわからないまま放っておくと余計に辛さが増したり、それによって
  会社や学校を休みがちになり、行くのが怖くなってしまうという点も大きな問題なのです。
  五月病を正しく理解して、対策を実行しましょう。


五月病は一種の適応障害

  五月病になる人の多くは、新社会人や進学したばかりの学生、新たな環境で働くことに
  なった人などです。
  日本では、4月は入社、進学、そして部署異動の時期でもあるので、どうしても新しい環境
  に馴染めなくて精神的に落ち込んでしまう人がいるのです。

  環境に適応することができずに精神的な不調をきたしてしまうことを適応障害といいますが、
  五月病もこの一種です。
  ただ、適応障害と聴いて怖がることはありません。
  正しい対策で乗り越えていくことは出来ますので、五月病の場合も、その原因や対策を
  よく知って頂きたいと思います。


五月病の原因を考える

  環境に適応できなくて精神的に不調をきたすと言っても、その原因は人によって違います。
  カウンセリングでは、その原因の違いを重視しているからこそよく話を聴きくのですが、
  自分で対策をする場合でも原因を押さえておくことは大切です。

  まず、五月病の原因の一つは、明確なストレスです。
  環境が変わったことで、嫌だと思う出来事、人間関係、仕事が増えて、『嫌』と自覚できる
  ストレスがあるが、誰にもそれを言えず我慢していると心に不調をきたすことがあります。

  もう一つの原因は体質です。
  環境の変化に強い人がいる半面弱い人もいます。
  環境の変化に弱い人は、明確に自覚できるストレス要因がなくても、何となく不調になって
  しまうのです。
  環境が変わってから、そんなに嫌だと思うことがないのに、無気力感や焦燥感、不安感に
  襲われているという方は、もしかしたら体質的に環境の変化に弱いのかもしれません。


五月病のための気分転換、休養、栄養

  精神的に『嫌』というストレスが自覚できている人は、そのストレスに関することを職場
  や学校という環境から離れてからでも考えてしまっている可能性も多いです。
  ストレスを緩和するためには気分転換が必要ですので、職場や学校のことを忘れられる何か
  に夢中になる時間を持ったり、付き合いの古い友人と会うなどして気分転換をして頂きたい
  と思います。

  明確なストレスを感じていないけど、精神的に不調になるという人は、脳がストレスに
  弱い可能性があります。
  そういう人に必要なのは、まず脳をゆっくりと休めるための休養です。
  ダラダラとゆっくりと過ごす、たくさん寝るなど脳を休めてあげましょう。
  さらに、脳の元気を維持するために栄養をしっかりと摂ることが大切なので、タンパク質と
  ビタミンB6を摂れる食材を使った料理を食べましょう。
  タンパク質とビタミンB6は、脳内の神経伝達物質の材料なので、しっかりと摂取すること
  で脳が元気になるのです。


五月病の方へのカウンセリング

  五月病の方にはカウンセリングも有効です。
  専門知識の豊富なカウンセラーなら、話をよく聴けば原因を理解して、対策のために
  アドバイスをくれます。
  また、環境に適応できないことで生まれた不調なので、可能性としては五月ではなくても
  不調をきたすことはかもしれないので、カウンセリングで自分のことをよく考えて、ストレス
  や体質に負けない心作りをしていただくことはお勧めです。

  新社会人も新入生も、新しい環境での生活のスタートなので、五月病かもしれないと思ったら
  カウンセラーに相談して下さい。





メニュー

  ・トップページ  ・カウンセラー  ・カウンセリングの料金   ・主な相談内容
  ・営業時間    ・アクセス


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー   ・心の闇とは  ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害  ・カウンセリングルームの評判
  ・子供ことでカウンセリングを受けるのは誰?  ・適応能力の必要性
  ・自分のことが嫌いだという心理  ・本当の自分について考えるための手掛かり
  ・自分の世界観を広げるための習慣  ・カウンセラー資格と仕事

  心の病、心の問題

  ・マインドコントロール と孤独  ・サザエさん症候群と出社拒否  ・夫の帰宅恐怖症
  ・五月病の原因と対策  ・無気力症候群からの回復  ・電車が怖い、電車に乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・後悔の念が強くなる前に
  ・インターネットで買い物依存症が増加 ・頭痛が続いて頭が重い
  ・叫びたい気持ちになることがある  ・親に反抗できなかったという方へ
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖いという悩み  ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか?  ・便所めし|ランチメイト症候群
  ・顔が赤くなることが恥ずかしい赤面恐怖症  ・女性が怖い、男性が怖いという悩み
  ・吃音が出て人と話すのが怖い  ・会話中に沈黙が訪れるのが怖い
  ・嘘つきの心理と虚言癖の改善  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと
  ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?   ・ボーっとする習慣が心と体を守る

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理  ・夫が話を聴いてくれないとお悩みの方へ
  ・恋愛に影響している性格と性別の違い  ・自分のことを好きになる
  ・心は察してもらうものではなく、伝えるもの  ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・彼氏、好きな男性の気持ちが知りたい  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない
  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ  ・結婚できない女性の心理的要因
  ・もしかしてセックス依存症かもしれない  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症
  ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ