電車に乗るのが怖い

突然襲ったパニック発作がきっかけ

  ある日、電車に乗っていると突然息が苦しくなった、動機が激しくなった、汗が異常に
  出はじめた、トイレにいきたくなった、他人の目が異常に気になり始めたなど、突発的に
  起こるさまざまな心や体の反応が原因で、また電車に乗ると同じ事が起きるのではないか
  と思うので、電車に乗ることが怖くなってしまった方は決して少なくありません。

  カウンセリングでは、そういった相談に来られる方がおられて、なかなか改善できなくて
  困っているという話をお聴きします。


  電車に乗れなくて困っている方は、はじめからのれなかったわけではないので非常に
  不自由な思いをしておられると思います。
  出来れば改善したいと思っておられると思いますが、本当に良くなるのだろうかという
  不安が、余計に改善を妨げてしまっているということもよくあります。


疲労度が高い時にパニックが起こる

  本来は、電車に乗ることで、突然息が苦しくなる、動機が激しくなる、汗が異常に出る
  ということは想定していませんが、疲労が溜まっていると自律神経の働きが乱れやすいため
  電車に乗っていて、満員で不快感を感じたり、仕事のことで悩んだりしていると呼吸や動機、
  発汗に異常が現れやすいのです。

  電車に乗れなくて困っているという方は、最初に電車に乗っていて怖いと思った時のことを
  思い出していただくと、疲労度が高かったのではないかと思います。


パニック障害

  電車に乗れないという悩みを抱えていて、それが何らかの症状によるものの場合、
  その症状が電車というきっかけで生じるならそれはパニック障害だと言ってもいいか
  と思います。

  これは心の病の一つなのですが、決して改善できないというものではありません。
  カウンセリングでは、パニック障害に悩む方が、どういうことに気付いて頂きたいか、
  どういう意識で改善に臨めばいいかということを踏まえてお話を聴かせて頂きますので、
  安心して下さい。


病院に行って薬をもらって飲んでいるのに治らない

  電車に乗れなくて困っているから、病院に通っているけどあまり改善が見られないという方
  もおられます。
  パニック障害は、薬が全く必要ないというものではありませんが、薬の効果は個人差があり
  ますし、薬が効いたとしてもそれで治ったというわけではありません。
  薬で症状をコントロールしながら生活することは一つの対処法ですが、コントロールできて
  いるうちに、心理的な面からも電車に乗れるよう対策をしていくことが望ましいのです。

  病院でもらった薬が効かないという方はなおさらです。
  精神医学の知識を持っているカウンセラーなら、病院に行っていることも飲んでいる薬が
  何かも考慮しつつ話を聴いてもらえますので、病院に通っている方もカウンセリングを
  受ける方がいいと思います。


電車に乗れるようになった!

  電車に乗れれるようになったという方は、決していきなりのれるようになるわけではなく、
  多少の怖さも持ちながら、電車に乗るチャレンジをしていくうちに慣れてくるということが
  多いです。
  しかし、自分だけでショック療法的に電車に乗ろうとする必要はありません。

  カウンセリングでは、お話をお聴きしながら電車にチャレンジするタイミングも考慮して
  お話をお聴きします。
  カウンセラーは、どのように電車に乗れない方が乗れるようになるかという事例をたくさん
  知っていますし、人が一般的に電車に乗れなくなる本当の経緯についても知っています。

  そういう基礎的な知識を持った人にサポートしてもらいながら、一緒に電車に乗れるよう
  取り組まれることが安全であり近道です。
  「電車に乗れるようになった」という日がくるようにカウンセラーがサポートさせて
  いただきます。



大阪のカウンセリングオフィスAXIAへの予約



  ・トップページへ 


  カウンセラーのコラム

  カウンセリング

  ・カウンセリングによる心と行動の変化  ・大切な話を誰に聴いてもらうのか
  ・心の病とアイデンティティー      ・自信を持つとはどういうことか
  ・無料カウンセリングの弊害      ・カウンセリングルームの評判
  ・自分の世界観を広げるための習慣   ・カウンセラー資格と仕事
  ・カウンセラーの種類

  子育て、親子関係

  ・アダルトチルドレン         ・親に反抗できなかったという方へ
  ・親はなぜ自分の子供を否定するのか? ・親を好きになれない、大切にでいない

  心の病、心の問題

  ・夫の帰宅恐怖症            ・電車が怖くて乗れない方へ
  ・朝、仕事に行く前に吐き気に襲われる  ・インターネットで買い物依存症が増加
  ・美容院が苦手、シャンプーが怖い    ・ギャンブル依存症の心理『否認する心』
  ・顔が赤くのが恥ずかしい赤面恐怖症   ・嘘つきの心理と虚言癖の改善
  ・パニック障害を克服に必要な3つのこと ・いじめの悩みは誰に相談すべきか?
  ・占い依存から抜け出したい       ・キレてしまう人の心理

  恋愛・夫婦関係

  ・別れたいけど別れられないという恋愛心理 ・付き合ったら態度が変わる男の恋愛心理
  ・恋愛に自信がない、男性を見る目がない  ・恋愛で男性心理がわからないという方へ
  ・結婚できない女性の心理的要因      ・もしかしてセックス依存症かもしれない
  ・仲良くなると逃げたくなる回避依存症   ・女性が浮気、不倫の相談ができる場所


   トップページに戻る


このページの先頭へ